その時あなたは

趣味で書いている小説をアップする予定です。

 亜夢はアキナの言葉に反応せず、じっとカードを見つめた。
「むむっ」
 アキナも汽車の中で遊んでいた時の亜夢とは違うことを感じた。
「どうしたの、亜夢なんか落ち着いてるじゃん? これでしょ?」
 アキナは、つまんだカードをブルッと揺らした。しかし、亜夢は我慢した。
「うーん」
「そこ、長いよ」
 と美優が言った。
「まだ一周もしてないし」
 アキナは、美優の表情を見て、少し慌てて亜夢のカードを引き抜いた。
「アッ」
 アキナはジョーカーを引いてしまった。
「えっ、何? 何?」
 奈々がアキナの顔を覗き込むように言った。
 アキナは冷静に手札を並び替えてから、奈々に向き直った。
「ねぇ、今のなに? 絶対ジョーカー引いたでしょ?」
 アキナがこう小声で言っていた。
「(おかしい、電車の時の亜夢じゃない)」
 そんな風にババ抜きが進んでいった。
 数分後に、決着がついた時には……
「なんだ、やっぱり亜夢が負けたじゃん」
 一抜けしたアキナは余裕の笑顔だった。
「ぐやぢぃ……」
 亜夢は肩を落としていた。
「じゃあ、あたしから寝る場所決めるね。あたし窓際」
 アキナが海側の窓の方の位置を取った。
 さっそくその位置に移動して腰を下ろすと、空を見上げ、
「夜空が綺麗」
 と言った。
「じゃ、次は奈々だね」
「ん〜 ちょっと待って」
 奈々は顎に指を当てて、悩んでいた。
 奈々の次はハツエだったが、美優のそばに行き耳打ちした。
「(美優、ちょっと)」
 廊下に連れ出すと、言った。
「ハツエちゃんようにワザワザ布団しか無いでしょ?」
「えっ、ハツエちゃんのことだったの。あたしはてっきり」
 美優は腰に手を当てた。
 奈々は顎に指を当てたまま言った。
「亜夢のことよ」
「だって今ハツエって」
「ハツエちゃんは誰かと一緒に寝るだけだから、後は私とあなたのポジション次第で亜夢の隣をとれるかどうか、決まる、という事が言いたいの」
「なるほど」
「例えば、私がアキナの一つ飛ばして横をとったら、あなたはどうやっても亜夢の横にはなれないわよ」
「……その通りね。奈々は何がお望みなの?」
 今度は両手を後ろに回し、一歩、一歩、ゆっくり歩き始めた。
「ハツエちゃんのこと。ハツエちゃんと美優が一緒に寝よう、と言ってくれるなら、私はアキナの隣を選ぶわ。ただし、美優が反対端を選ばなかった場合は、場所を変わってもらうから」
「……」
 美優が考えあぐねていると、奈々は手を後ろで合わせたまま、くるっと回って戻ってくる。
「どお?」
「ハツエちゃんがそんなに簡単に私の言うことに従うかしら?」
「気持ちや心はお年寄りでも、体が子供だもの。抱きしめればイチコロよ。それに、食事の時の様子を見る限り、美優になついてた感じだし」
このエントリーをはてなブックマークに追加

 三日前のことだった。
 俺は居酒屋の店長に呼び出された。
「すまん近くでイベントがあったのか、滅茶苦茶忙しい。ヘルプをお願い出来ないかな」
 確かに今日はシフト外だったが、金が無くて遊べなかった。腹を空かしてじっとしているだけよりは、『まかない』もあるし、確か今日は|由恵(よしえ)ちゃんも入っていたはずだ。そう考えるとバイト先に入れった方が自分にとっても都合が良さそうだった。
「はい、よろこんで」
「おう。ありがとうな」
 電話を切って、俺は直ぐに支度をした。
 バイト先に付いて挨拶した段階で、今日が忙しいのがわかった。
 挨拶すれば顔ぐらい振り返るだろうに、今に限っては誰も振り向きもしない。ひたすら自分の作業に没頭しているのだ。
 俺はオーダーを取って、テーブルを片付け、食器を洗い、出来上がった料理を運んだ。
 その合間にレジ打ちし、とそんなことをグルグルと繰り返し、本当に目が回るほどの二時間を過ごした。
 お客が減ってきて、バイト同士、少し立ち話も出来るぐらいになったころだった。
 突然、奥から由恵ちゃんの悲鳴が聞こえた。
 俺は奥のキッチンに向かった。
「かげやまくん、鈴木さんが大変なの。店長に…… 店長に刺されて」
「えっ」
 濡れた床に鈴木さんが倒れていた。
 助けようと手を伸ばした時、店長の姿が目に入り、体が止まってしまった。
「かげやまか…… いいんだよ。ほっとけよ」
 お腹を押さえて苦しんでいる鈴木さんの体をまたいで、店長が俺の方に近づいてくる。
 エプロンを付けた店長は、両手に包丁を持っている。
「て、店長、あなた、自分が何したか分かってますか?」
 俺は鈴木さんがうなりながら倒れているのを指さす。俺の背後で、由恵ちゃんがスマフォで警察を呼んでいる。
「知らねぇよ。指図すんんじゃねよ。みんな死んじゃえよ」
 そう言うと、俺に向かって両方の包丁を振り下ろした。
「うわっ」
 反射的に手でそれを押さえようとし、出血した。
 ……死ぬ。
 右手を突き抜けている包丁を見て、俺はそう思った。
 やばい。何も考えられない。
 ショックの為か、出血のせいか、視野が白くぼやけて、意識が遠くなっていた。



 気がついた時には、俺はバイト先の居酒屋の畳の客室に寝かされていた。
 警察が入って、あちこち写真にとったり、一人一人話を聞いたりしている。
 俺は客室からその様子をみていた。
 手がズキズキする。そうだ。俺、店長に手を…… 店長の突き出した包丁が、手の甲を飛び出して……
 俺は慌てて自分の手を目の前に持ってきた。
 俺の手には雑に包帯がまいてあった。
「ちょっとまって。俺、手が…… 手に包丁が刺さったんだ。救急車を呼んでくれ」
 俺が叫ぶと、警察の人が何人かやって来た。
「手に包丁?」
「ちょっと包帯取ってみるよ?」
「え?」
 俺は客室で座った状態で手を突き出して、警察官に包帯を外された。
「ほら。なんともないみたいだけど」
「指は動くかね?」
 親指から数を数えるように折った。指はしっかり曲がった。そして、手を握ったり、開いたりした。
「ほら、どこにも外傷はないようだけど」
 奥から、白い手袋をしたスーツのおじさんが、若くて髪の長い女性を引き連れて俺の方にやってきた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと違う形もやりたかったところですが、この形で一旦終わります。
書き直したり、加えたりしたいです。
夏合宿しないでおわりましたから……
あと、虎になる刑事の話は別タイトルで書きたかったので、この世界はもう少しねっていきたいです。
ご愛読ありがとうございました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ