その時あなたは

趣味で書いている小説をアップする予定です。

 今、そんな〈鳥の巣〉内いるのは軍人と警察官、民間人はデータセンターで作業するボランティアのエンジニアだけだ。
 街があってもすべての建物は〈転送者〉の破壊されたか、〈転送者〉がこないように軍隊によって扉や蓋が破壊されていた。それは、とても人の住めるものではなかった。
 おそらく、食べるものなどないのだろう。
 私は、そう思いながら、廃墟の街を歩いた。街灯も点かない通りがこんなに歩きにくいとは思わなかった。何もないと思われる場所でなんども躓いた。
 歩きながら私は考えた。やがてはここも警察に捜索されてしまうのだろうか。それとも、あの遺体が人間でない、と分かれば私は無実になるのだろうか。それとも、別の罪、〈転送者〉が誰の所有のものかは分からないが、他人の所有物を破壊したような罪で捕まるのだろうか。
「マミ……」
 私はマミのことを想って空を見上げた。雲の隙間から、月の光が差してきた。
 そんなわずかな明かりでも、かなり歩きやすくなる。
「ぐぅぅぅぅ」
 突然お腹が鳴った。
 寮で夕食はとったはずだが、北島アリスとの格闘や、ここへ来るまでの飛行せいだ。自分の体が疲れているのは分かっていた。けれど……
「こんな気持ちの時でも、お腹は空くのね」
 〈鳥の巣〉内で食べものを探すとしたら、と私は考えた。〈鳥の巣〉のゲート付近にある警察署に忍び込むか、セントラルデータセンター近くにあり、扉なしで運営しているという謎のホテルを襲うか。あるいは、交代で警備している軍隊も多少の食料なら持ち込んでいるかもしれない。
 いずれも今の私に出来ることとは思えなかった。
「この街には本当に何もないのかな」
 扉という扉を壊された建物を歩きながら、コンビニの看板を見つけ、そこに入ってみる。
 スマフォの光を付けて、室内を見渡す。『慌てて逃げた』といった様子の室内は、大部分の商品がそのままだった。しかし、食べ物がおいてありそうな棚を見ると、ほとんど残っていなかった。わずかに残ったビニール袋は、中に黒ずんだ液体が見えた。食べ物だったものが、腐って溶けてしまったのだろう。
「ダメか……」
 一方で、救いとしては缶やペットボトルのジュース類があった。私は無難なところでコーラを開け、見た目や匂いを確認した。スマフォの明かりでは極端すぎてこれが正しい色なのかわからない。
「う~ん……」
 少量を口に含む。
 室温の暖かさであること以外は、普段飲んでいる飲み物と同じだった。私はそのまま飲み始めた。
「うん。大丈夫」
 これで糖分と水分は確保できた。扉はないが、雨風もしのげる。
 安心したせいか、急に眠くなってきた。私は近くに置いてあった段ボールを広げて敷き、その上に横になった。



「また自習? どうなってるのこの学校は。月に何時間自習になってるのよ」
「いいじゃねぇか。なぁ、白井」
 佐津間が私の肩を叩いてくる。
「気安く触らないで」
 肩だけを回すようにして、乗せられた手を外す。
 廊下に何者かが通った影が映る。
「誰?」
 私は思わず廊下に跳び出していた。
 廊下に粘り気のある透明なジェルが付着していた。
 そのジェルの先を追っていくと、直径が背の高さほどあるカタツムリを発見した。
「えっ?」
 カタツムリの殻の陰から、先生が出てきて言う。
「今日から転校してきた、アリス君だ」
このエントリーをはてなブックマークに追加

「?」
 ハツエが指さすので、亜夢が体を回す。
「あそこで寝てるおねえちゃんを連れてね」
「……」
「いいからいくの。訓練なの」
「亜夢? どういうこと」
 奈々が困った顔で助けを求めてきた。
 亜夢は|思念波(テレパシー)でハツエに問う。
『なんの意味があるんですか?』
『疑問を持つな。二人をすぐに着替えさせて、海まで行かせるんじゃ』
『なんか別の言葉をください』
『疑問をもつな、と言ったろう』
 亜夢は視線を上から、奈々に戻し、言った。
「とにかく美優を起こして、すぐに着替えて、海に行って」
「……わかった」
 納得はしていないだろうが、とにかく奈々は美優を起こして、バッグを持って部屋に入って行った。
「次はおねえちゃん」
「私?」
 キッチンの椅子に座ってスマフォを眺めていたアキナは、自身の鼻を指さしてそう言った。
『バッグに教科書と宿題のプリントをいれてるじゃろ。授業の復習と、宿題をやらせるんじゃ』
 亜夢は肩の上のハツエを見るようにして、アキナに言った。
「えっと、教科書の復習と宿題のプリントをやりなさいって」
「え~せっかく海まで来たのに? 私も遊びたい」
 亜夢の上からアキナを指さすと言った。
「おねえちゃんは勉強。いい?」
「……」
「お返事は?」
「はい」
「よくできました」
 ハツエは亜夢の頭を叩いて、行先を指示する。
 美優と奈々が着替えている部屋を開けろ、という。
「入るよ?」
 亜夢がそう言って扉を開ける。
 ハツエの頭が鴨居(かもい)に当たらないように、亜夢が姿勢を下げる。
『美優の方が胸は大きいようじゃの』
 ハツエが亜夢にだけ|思念波(テレパシー)で話しかける。
「なっ……」
『美優の着ておる上品で大人っぽいワンピースは体形も正確にもマッチして似合っとるようじゃ。奈々は大きさはないが、形のよい胸ときゅっと上がったお尻がよいの。それを強調するようにビキニを着ているというのは確信犯的なものを感じるのぉ』
 美優と奈々は亜夢の顔が赤くなるのを不思議そうな顔で見ている。
「えっと…… 水着、似合ってるよ」
 二人は同時に返事した。
「ありがとう」
 美優も奈々も亜夢と同じように頬が赤くなった。
『なんじゃ、おぬしらはどういう関係なんじゃ』
 亜夢はハツエの問いを無視した。
「美優、準備できたら行こうか」
「あ、大丈夫よ」
 美優は水着の上にスウェットをひっかけた。奈々も大きめのジャケットを羽織る。
「いってらっしゃい。気を付けて」
「おねえちゃん、なにもかも忘れて遊んできてね」
 亜夢はハツエが言う意味が分からなかったが、二人はにっこりと微笑んだ。
「はい」
「行ってきまーす」
 玄関で二人を見送ると、ハツエが言った。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 鬼塚刑事と一緒に入ってきた警察官が、私の背中に触れ、なでるようにお尻をさわる。
「ほら、このあたりなんて、たまんねぇ」
「やめてください」
 壁から手を離し、男を振り払おうとした。
「いつ離して良いと言った」
 鬼塚刑事が、私の手を強くつかんで壁に押し付ける。
「い、痛い」
「言ったろう、足を広げろ。凶器を所持していないか確認する」
 さっきなでるように触ってきた警官が、私の首、肩、脇、胸と服の上から触ってくる。
 壁に手を付けて、お尻を突き出している格好のせいなのか、警官の体がお尻に触る。
「なんだ、胸ねぇなあ。面白くない」
 手をどんどん下にさげてきて、腰をまわり、大事なところを触れてくる。
「あのっ」
 警官の手はさらにエスカレートしていく。
「なんだ。ここに隠しているのか」
「何も持っていません」
 ドン、と壁を叩く音がした。
 私もビックリしたが、後ろの警官も驚いて手を止めた。
 壁を叩いた、鬼塚刑事が言う。
「素手であんな殺害は出来ない。顔が裂けている。何か凶器となるものが出てくるまで徹底的に探せ」
「だとよ。下着の下に隠してるかもしれねぇからなぁ…… 続けさせてもらうぜ」
「あなた警官なんですか、そのチンピラみたいな言葉の使い方」
 私が睨み付けると、鬼塚刑事が口をはさむ。
「国家の為か、特定個人の為なのかが違うだけで、仕組みは似たようなもんだ」
「ってことだ。ほら、手を付けって言うんだ」
 このまま屈辱的な扱いに屈するか、翼を出して抵抗し、この場から逃げるか。
 鬼塚刑事がもしキメラの力を使ったなら、この場にいる警察官に自身の秘密を知られてしまうことになる。私はキメラであることが分かれば、学校にはいられないだろうし、社会的にどうなるか…… 逃げ回らなければならないだろう。
 しかしこのままこの下劣な警察官の手で辱めを受けるままで、その上で殺人犯の容疑者として拘束されてもかまわないのだろうか。万一の可能性にかけて、翼を使ってでも逃げるべきなのだろうか。
「なんで……」
 警官の手が下着の中に差し込まれた時、私はこの状況に耐え切れなくなった。
「私は我慢しない」
「なんだ?」
 そのまま翼をまっすぐに広げ、背後に密着していた警官をふっ飛ばした。
 壁に強く打ちつけられた警察官は、うなり声をあげて自信の頭を手で押さえた。
「白井、お前!」
 鬼塚刑事が翼を掴もうとした瞬間、翼を体の中へ引き戻し、部屋の窓へ走る。
 北島アリスの死体を踏み越え、翼を畳んだままガラスを頭で割り出る。
 地面にぶつかる前に、翼を広げて、速度を殺す。
「さようなら。マミ」
 学校の寮にさようならを告げると、私は翼を使って飛び立った。行く先は〈鳥の巣〉しかない。目の前にあるから、というだけでなく、避難区域である〈鳥の巣〉であれば警察の捜査も容易ではないだろう、と思ったからだ。
 高く飛び上がり、〈鳥の巣〉の壁にあるカメラを見た。
 もうカメラに対して顔を隠す必要もない。
 私は〈鳥の巣〉の中をしばらく飛びながら、危険のなさそうな街を探し、そこに降り立った。
 街、と言っても〈鳥の巣〉内には一部を除いて民間人はいない。某システムダウンで大量に発生した〈転送者〉は現在〈鳥の巣〉と呼ばれる区域に大量に発生し、〈転送者〉は破壊と殺戮のかぎりをつくした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ