その時あなたは

趣味で書いている小説をアップする予定です。

 私は何度も呼んでいる。
 暖かくて、柔らかい。包んでくれて、癒してくれる。
 家の扉を引くと、そこに座っている母の姿が見えた。『ただいま』と言いかけると、お母さんは急に、伏せてしまう。何事か、と思って周りを見ると、そこは空港の通路だった。
『お母さん!』
『だめだ、キミコ。振り返るな』
『お母さん!』
『キミコ! 来るんだ』
 遠ざかる母親の姿……

「どうしましたキミコ?」
 目を開けると、オレーシャがそこにいた。
「えっ?」
「わたし疲れて寝てしまいました」
 昨日の晩、ずっと一緒だったということか。あのまま私も、オレーシャも寝てしまったのだ。それと同時に顔が熱くなってくるのを感じた。
「今、私なんて言ってました?」
「いいんですよ。誰でもお母さん思い出します」
 やっぱり声に出して言っていたのだ。
「ごめんなさい」
「私も寝てる時、実家の猫のこと、思い出して言います。内緒ですよ」
 オレーシャは微笑むと、ベッドを抜け出る。
「キミコは具合はどうですか? まだ具合悪ければ、寝ていていいです。私はシャワー浴びてきます」
「あっ、私も大丈夫……」
 体を起こそうとして、視界がふらっと揺れてしまう。
「大丈夫」
「一緒にシャワーいきますか?」
「はい」
 廊下に出ると、怖いくらいに静かだった。
 私がきょろきょろと回りを見ていると、オレーシャが言った。
「まだ生徒は一人もきていませんから」
 そうか、何か違和感を感じたのはそれなのか。生徒の話し声や大勢の人がいる雰囲気。普通に明るいのにそんなものを感じないから、変だ、と思ったのだ。
 オレーシャは急に真面目な顔で私の顔をじっと見る。
「シャワー、大丈夫?」
「?」
 うなずくだけで、何も答えられないでいると、オレーシャは笑った。
「それなら良かった」
 私はシャワーを浴び、ツインテールを解いて髪を洗った。
 シャワーを終えると、ドライヤーで髪を乾かしてから、鏡に向かってツインテールに戻す。
 同じように鏡に向かってオレーシャが言う。
「その髪型、いつもしているの?」
「はい」
「なぜ」
 オレーシャは長い髪をタオルで梳くようにして乾かしながら、ちらっと、こっちを見た。
「……」
「どうしたの?」
「ごめんなさい」
 空港でいなくなった友達。
 追いかけようとすると、父に引き留められる。
「ごめんなさい、という意味が、難しいです」
 忘れかけていく|美琴(みこと)の笑顔。
 ……そうだ、美琴。
 美琴を再会した時、美琴が私を見て、|私(きみこ)だとわかるように、ツインテールにしているのだ。
「……言えません」
「そうか、いいたくない、ということね。わかったわ」
 納得したようにうなずいた。
 某システムダウンの日、空港でなくしたもの。母、友達、普通の体。
 父は私が前の学校にいた時に再婚した。私はその義母のやさしさに耐え切れなくなって、全寮制の百葉高校へ転校した。父と義母との暮らしを失ったが、百葉高校で得るものもあった。同じように肉体改造された鬼塚刑事、新庄先生、そしてなにより同部屋だった木更津マミとの出会いだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちっ」と亜夢が言った瞬間、背中に誰かにぶつかった。
「あっ!」
 尻もちをついている女子高生がいた。
「ご、ごめんなさい」
 亜夢が手を伸ばすと、女生徒は素直にその手に捕まった。
「ありがと」
 強い手ごたえがあって亜夢が引き起こすと、女子高生はスカートのホコリをはらった。
 それが終わると、顔を上げて亜夢を見た。
 長い髪をポニーテールにしていた。
 瞳は大きく、二重だった。さっき通りすぎた|娘(こ)達と同じ制服、同じように短いスカート。
 亜夢はその|娘(こ)に都会っぽい精錬された雰囲気を感じた。
「あの子たちの言うことなんか気にしない方がいいよ」
 そう言って亜夢に微笑んだ。
「あれっ? どこかで」
 亜夢がそう言った時には、女生徒は女子高生の流れの中に消えて去ってしまった。
『どこかであった気がする』という言葉を亜夢は飲み込んだ。
「かっこいいなぁ……」
 どこにいるのかわからないが、去っていた方向をみながら独り言を言った。
 後から後から歩いてくる学生が、ぶつかりそうになっているのがわかる。
 亜夢はその流れに逆らうように歩いて、小さなカフェを見つけ、そこに入った。
 カフェで食事をしながら、外の学生の流れを見ていた。
 カフェの中にも、同じ制服を着た子が数名いた。
 その学校に興味を持った亜夢は、キャンセラーを外し首にかけた。
「……だって」
「不眠症か…… 不眠症ってさ、超能力者がよくなるんだってウワサだよ」
「えっ、美優が超能力者だっていうこと?」
「完全にイコールじゃないけどさ。可能性はあるんじゃない」
「(美優…… どこかで……)」
 亜夢は誰にも聞こえないような小さい声でつぶやいた。

 大通り沿いに立っている世界的なアパレルブランド。
 ガラス張りの建物の中に、キラキラ光っているような、若くて綺麗な娘が服を見ている。
 さらに奥から、テレビでしか見たことのないような、綺麗に髪をアップにまとめた、妙齢の女性が…… おそらくその若い娘の母であろう…… 店員と話しながら、ちらちらと娘の方を見ている。
 モデルのようなスタイルの金髪の女性がその店のドアを開けると、中の声が聞こえてくる。
「みゆ、欲しい服はきまりましたか」
 ガラスのドアの角度のせいか、その声がはっきりと亜夢の耳に聞こえる。
 店内にいたキラキラ光っているかのような娘がその声の主…… 髪をアップにした女性に振り向く。
 そして、何かに気付いたように亜夢の方に視線を向ける。
 亜夢と娘の視線があった。
 すると、その娘が少し微笑んだ。

「そうだ、さっきのあの|娘(こ)」
 今度ははっきり聞こえるような声を出してしまった。
 亜夢はとっさに口に手を当てた。制服を来た娘達は、話をやめ、ゆっくりと亜夢を見てから、また話をつづけた。
「はぁ…… (なんであの時気づかなかったんだろう)」
 小さい声で亜夢は自分に言い聞かせるように言った。
 都心に来て、初めてみるようなキラキラした世界の中にいる、キラキラした女の子、それが|美優(みゆ)だった。
 しかも美優が超能力者かもしれないなんて…… 亜夢はあまりの展開に気持ちを抑えられないでいた。
 すぐにでも出て、この通りを追いかければ……
 残りのパンを口に詰め込み、ストローをはずして氷ごと口に流し込むと、キャンセラーをしっかりと付けて店を飛び出した。
 カフェのあたりでは、制服の女生徒の流れはなくなっていて、亜夢はそのまま走り出した。
 ホテルのあたりまで戻っても制服の子は見当たらない。
 そのまま走っていくと、地下鉄の駅の入り口までやってきていた。
 その先にも制服の子はいない。
「(この下?)」
 階段を駆け下りていくと、改札の向こうに何人かの制服の女生徒が見えた。
 亜夢は改札内には入れないから、平行してどこかにいないか探すが、ホームはさらに下にあるらしく、他の女生徒を見つけることは出来なかった。
 亜夢はぼんやりとしばらく地下を歩いていると、自分の位置を見失っていることに気付いた。
「(えっ、迷った?)」
 とにかくまっすぐ歩いていると、案内図が出てきたが、案内図を見てもどこから入ったのかが分からないため、まったく役に立たなかった。
「(とにかく地上に出よう)」
 すぐ近くの階段をのぼって地上に出た。
 そこは大通りの例のブランドショップが並ぶ場所だった。
 並木からの木洩れ日で、自分の服に模様が描かれたように見える。
 すこし歩くと、ガラス張りのブティックが見えた。
「(ここ、美優がいたところ)」
 亜夢はうっとりとした表情で、横を向いて歩いていると、不意に声をかけられた。
「さっきの」
 ビクッと全身が震えて、正面を振り向いた。
「美優?」
「えっ? あなた私のこと、知ってるの?」
 さっきの制服の|娘(こ)が、紙袋をさげてそこに立って、亜夢を指さしている。
「えっ、あ、いや、あの……」
「どこで調べたのかな? いや、いいや。あなたの名前を教えて。それでアイコでしょ?」
「あ…… |亜夢(あむ)です。|乱橋(らんばし)亜夢」
 ポニーテールの、キラキラした女の子は、おどおどした亜夢を見て微笑んだ。

↑このページのトップヘ