その時あなたは

趣味で書いている小説をアップする予定です。

 〈転送者〉が〈鳥の巣〉の壁を壊したのだ。上から崩れ落ちるコンクリートブロックの塊が、轟音とともに寮の敷地に突き刺さる。
「やばい、すぐこっちくるよ」
「あの鬼、こっち見てるし」
 また黄色い声が上がり、逃げ出し始めた。
 男子寮の方でも騒ぎになっている。
 屋上に出ていた生徒が全員いなくなると、私はマミの手を引いた。
「私達も逃げよう。無理だよ。戦えない」
「お父さんの死」
「えっ?」
 マミはいつの間にか、体の中からコアを取り出していた。
 光り始めているコアを両手で挟むように持ち、それを見つめている。
「キミコのお父さん、なんで死んでしまったのか、考えてよ」
「それは……」
「助けないと。寮の皆を。守らないと。〈鳥の巣〉の外に暮らす人の生活を」
「……」
「私はもう覚悟はできてる。キミコは?」
「そんな…… そんなこと…… 私には……」
 ガン、と大きな音がして、鉄材が落下して甲高い音を立てる。
 砕かれたコンクリートが粉となり、滝のように注がれた。
 あたりが白んで見えなくなる。
 誰かが寮の火災報知器を鳴らしたらしい。
 そして寮内に放送が入る。
「キミコ……」
 私は黙ってうなずいた。
 そしてコアに語り掛けた
『トランスフォーム』
 溶けていくマミの体が広がり私は取り込まれる。
 ジェルの中に包み込まれた私は、人型ロボットの首のしたあたりの操縦席の位置へ上っていく。
 寮の屋上で作り出されたロボットは、金属の翼を広げ、ジェットエンジンて飛び立つ。
『これ以上壁を壊されたら、寮がつぶれちゃう』
 それと、マミに怪我をさせないよう、負担をかけないようにしないといけない。
 あっという間に〈転送者〉の頭上に達すると、宙返りし、鬼の角をめがけて降下した。
 〈鳥の巣〉の壁を壊さないように、もっと内側に誘導しないと。
 降下しながら『何か武器はないの?』とたずねる。
 コアが『翼の付け根にミサイルがある』見えている左隅に、設計図のように本機の図面が描かれ、翼の付け根部分がフラッシュした。
『ミサイル発射』
 発射時に、機体が少しぶれるが狙った〈転送者〉の頭へ向かって飛んでいき、爆発する。
 機体を上昇させて、転回し、〈転送者〉の様子を見る。
 鬼の姿の〈転送者〉は片膝をついて座っていて、左の耳のあたりを手で押さえている。ものすごい量の体液が〈転送者〉の体から出ているようで、押さえた手や、体をつたって滴っている。
 私はコアに『なんであんなことになっているの?』と訊く。
 コアが『あんなこと、とはなんのことだ?』と返す。
『〈転送者〉が体液を噴き出すなんて初めてみた』
『……もしかしたら』
『なに?』
『すまないが、今君の心理を読んだ。〈転送者〉は共感されるように形態を変えたのかもしれない』
『〈扉〉の支配者が?』
 そうだとしたら…… 私は慌ててコアに言う『あなたは、私の心を読んで〈扉〉の支配者に情報を送ったり』すると、コアは『ワタシはマミをベースにしている。マミが〈扉〉の支配者に言いたければ言っているだろう』
『違う。私は事実を知りたいの』
 コアが私の視野にログを表示する。
『君たちの言語で読めるはずだ』
 機体を旋回させながら、ログを読む。

 清川が叫ぶ。
「中谷さんが犠牲になってくれるそうです。すみませんが、合図をするので背中を押しながら立ち上がりましょう」
「おお」
「あい」
 亜夢は中谷と清川の状態を確認して、合図を始めた。
「行きますよ、せぇーの、はい!」
 背中をぶつけあい、よろよろと三人は立ち上がった。
「じゃあ、中谷さん、思い切りひぱって引きちぎります。力を入れて耐えてください」
「ああ」
「せぇーの!」
 手錠の金属が触れる部分を硬質化させる。一瞬、鋭角にとがった亜夢の腕が、金属を裂き、輪を砕いた。
「やった」
「まさかそこまでやるとはね」
 フェイスマスクをした女性が鉄の階段の上に立っていた。
「あなたがあの時のライダー?」
「そうよ。やっぱりさっき仕留めておけば良かったかしら?」
 亜夢は言った。
「あなたは本当の悪党じゃない。だからさっき私達を殺さなかった」
 階段をゆっくりと降りてくる。
 亜夢は清川側の手錠の鎖部分を見て、そこを指でつまんだ。
「!」
 ライダーの足が止まった。
「あなた、どこまで|非科学的潜在力(ちから)があるの?」
 パチン、と音がして、亜夢が触れていた鎖が切れた。
「局所的に熱を作って、鎖を切るなんて、なかなかやるじゃない」
 両手が自由になった亜夢は、清川と中谷のアイマスクを取り去った。
「今度は局所的に風をおこした…… どこまで出来るの? 頭がいいのかしら」
「?」
 亜夢は女が言っている意味が分からなかった。
「学校で習わないだろうけど、|非科学的潜在力(ちょうのうりょく)って普通、特定のことを克服するために発達するのよ。あなたのように万能じゃない」
 女は階段の奥を振り返り、何かぼそっとつぶやいた。
 そして、階段から身構えると、言った。
「けど、万能であるがゆえ、一つの事は不得手なはず。だから身体補助能力であれば私の方が上」
 弾むように素早く跳躍すると、空中で前転した。亜夢が振り返る前に、その背後に着地してしまう。
「!」
 そのまま、女は蹴りを繰り出す。
 亜夢は、肺が飛び出したのではないか、と思うほど強く背中に当てられる。
 足で踏ん張らず、宙に飛び、体をひねり、回転させながらその力を流す。
 片足ずつ順番に着地し、しゃがみ込むと、払うような回転蹴りを右、左と交互にまわす。
 女はバックステップして、右も左もかわしてしまう。
 亜夢は急いでバック転して、女と距離をとる。
「やるじゃない。なんか習ってるの?」
 亜夢は首を振る。
「何にも。特撮ヒーローを見て覚えただけよ」
 女は亜夢の話を聞いて大声をだして笑いだす。
「何がおかしいのよ」
「いや、関心してるのさ。見ただけでおなじようなワザがだせるなんて…… それこそ漫画だな」
「あなただってさっきのクルクル前転するやつなんか、漫画みたいなことできるじゃない」
「あれは|非科学的潜在力(アシスト)があるからだ」
「なら私だって」
「さっきも言ったろ? 万能な|非科学的潜在力(ちょうのうりょく)はありえない」
 亜夢は自分の存在を否定されたような気がした。
「自分は頑張ってこの力を得たのに」
 女は左拳ををすーっと伸ばしてきた。
「あの時の」
 清川がつぶやくように言った。
 |非科学的潜在力(ちから)比べをしようというのだ。
 お互いの拳と拳をぶつけ合う。超能力込みのパワー対決。

 新庄先生の言葉を遮って、私は言葉をつづけた。
「国民の安全は、国家が守るべきじゃないんですか。私は明確に〈転送者〉と戦え、なんて言われた記憶は」
 私は言葉を止めた。
「痛い」
 叩かれた頬を押さえる。
「なんで? なんで叩かれたんですか?」
 新庄先生は自らの震える手を見つめていた。
「……」
「先生」
 それでも新庄先生は答えなかった。
 突然、轟音ととともに、赤いスポーツカーが入ってきた。バスの運転手、成田さんの車だった。
 私達を見つけたように、すぐ脇に車を止めた。車の扉が跳ねあがると、成田さんが足を引きずりながら、こちらに寄ってくる。
「鬼塚刑事から〈転送者〉が出たからって」
 成田さんは私の方を見ていた。
 新庄先生も私を見つめる。
「だから、行かない。もう戦いたくない。もう失いたくないんです」
 新庄先生が車の方へ踏み出すと言った。
「私がいきます」
 私は成田さんのスポーツカーに背を向けた。
「?」
「私も戦えます」
「いんや。でけぇヤツがでたから、あの子らを連れて来いって言われてる」
「!」
 足を止めて振り返ると、また二人の視線が私に向けられていた。
「いやです、もう怖いから行きません。私、鳥の巣で別れてしまった友達を探していただけなんです。なのに父まで失って…… もういいです。戦うなら軍を呼んでください!」
 私はそのまま走って寮に上がった。
 車のドアが閉まる音が二つして、エンジン音が小さくなっていく。
 私は寮の玄関で立ち尽くしていた。
「キミコ?」
「マミ!」
 駆け寄って抱きしめた。
 あなたを危険な目に合わせるわけには行かない。
 あなたまで失ったら私は……
「きゃー」
 寮の中で大きな声が聞こえる。
「何あの光」
「ちょっと、ヤバくない?」
 マミと私は顔を見合わせた。
「上の方からだね」
 階を上がると、まださらに上から聞こえてくる。
「?」
「これは屋上だ」
「行ってみるの?」
「ヤバいんなら見とかないと」
 マミが駆け上る後を、私も急いでついて行った。
 屋上の扉が開いていた。何人かが、その扉にしがみついたまま、外を見ている。
「何があったの?」
「あれ」
 その|娘(こ)はただ〈鳥の巣〉の壁の方を指さした。
 マミが裸足で屋上に出ると、私もそれに続いた。
「!」
「あっ、あれって……」
 人の頭に角が生えている。まるで鬼を具現化したような姿だった。
 これは〈転送者〉に違いなかった。しかも、頭が〈鳥の巣〉の壁を越えている。
 どこにあんなのを取り出す扉があったというのだ。しかも、扉という扉を壊したはずの〈鳥の巣〉内に。
「確かにヤバいよ。キミコ、私……」
 マミは両手で包むようにして、球を表現した。
 球、つまり、コアだ。マミはまた自らが変身するあのロボットで戦え、というのだ。
「私にはできない……」
「キミコ!」
「駄目だよ。助かる保証がないんだよ」
「あっ!」
 他の生徒が〈鳥の巣〉叫ぶ。

↑このページのトップヘ