その時あなたは

趣味で書いている小説をアップする予定です。

「バイト中に怪我をされたら、私が困るんだよ。まったく」
「すみません」
 単純に、俺のことを心配しているのではないことを知り、ここのバイトが単純なものではなくてそれなりにブラックだったことを改めて思い出した。
 それでも店長の位置を確認しながら、外の連中を見ていた。
 連中のせいで、客が引き返してしまうようなら、追っ払う必要がある、と思っていた。
 しかし、人数が七、八人になった頃、ぞろぞろと駐車場の端へとあるき始めた。
「ん?」
 何か目的があるようには思えなかった。しかし、紐で引かれるように次々と去っていく。
「ちょっと影山くん。さっきも言ったろう、困るよ」
「いや、大丈夫ですよ。連中どっかに行くみたいですから」
 言っている間に、駐車場に残っているやつが去っていった。
「ほら」
「……」
 店長は少し喜んでいるようにも思えたが、クビを傾げていた。
 確かに去っていく理由がわからない。
「ちょっと駐車場掃除してきます」
 連中がたむろしていたところに、食べかすやゴミが散らばっている。それを片付けるふりをして、俺は連中がどこへ行くのか見極めようと思った。
 コンビニの外に出て、|箒(ほうき)とちりとりを取りに行く。
 横目で連中を見てみると、コンビニの駐車場のすぐ二メートルほど下にある畑にいた。駐車場の端まで行き、様子をみる。連中は畑と畑の間の小道を、一定の間隔を開けて一人ずつ歩いて行く。
「なんだろう」
 小道の先には軽トラが走れるような農道がある。そこに誰かいるようなのだが、遠すぎて見えない。
「ん〜」
 誰からも目撃されるような位置なのに、遠いというだけで見えない。
 鳥のように翼があれば行って見てくるのに……
「!」
 そうだ、式神だ。
「ほら、駐車場の掃除するんじゃないのか。まったく」
 店長に見つかって、俺は連中がたむろしていたところに戻り|箒(ほうき)で掃除した。
 掃除がおわり、道具を片付ける際に、畑の方を覗いた。
 列になって歩いていた連中はいなくなっていて、何かしたような跡もなかった。
「なんだったんだろう」
 裏のドアが開いて、店長に呼ばれた。
「ほら、お客さんだぞ」
 俺は急いで店内に戻って、手を洗って、ぬぐってレジにつく。
「あっ……」
 俺は思わず声を上げてしまった。
 女性の一重の瞳はすこし垂れ目で、唇は薄かった。顔はスッキリとほそい感じだ。あれ…… 知っている女性、と錯覚してしまうような雰囲気。作り出す表情や、それらの配置やバランスが良くて美人であるということだ。しっかりメイクもしていて、ドキッとさせられる。
 以前、ここですれ違った女性だ。
 コンビニという性質上、二度とこない客か、何度も来る客がはっきりしていた。つまり、この女性客は何度も来る、近所の女性に違いないと俺は判断した。
「どうかしました?」
 レジには商品がたくさん置かれていて、まだ一つとして俺はスキャンしていなかった。
「失礼しました」
 俺が商品のバーコードをスキャンしては袋に入れていくと、女性が言った。
「どこかで会ったかしら?」
 えっ、そのセリフをそっちから言うのか、俺はなんて返していいのか悩んだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 俺は連絡をとると、冴島さんは式神について予習をしておけ、ということを言った。
 術を実際に使う練習は、冴島さんといる時にすることになっていた。自分ひとりでやるのは、必ず座学だけ、と決められていた。それは例えば霊弾を撃ったとして、目標もなくさまようようなものを撃った場合、俺が自分で始末をつけられるかわからないからだ。実地は必ず冴島さん監督の下で行う。これが決まりだった。
 そのまま大学の図書館へ行き、式神に関する本を読むことにした。
 パソコンで検索をかけると、かなりの数の本が出てきた。
 どこから読むか、と思って、目をつぶってから指さして数冊選んだ。
 棚から集めてきて机に置き、目を通していく。
 概要だけをかいつまんで呼んだ限りは、使役した神(鬼)ということのようだ。人間に使われるような神、というのだから、どちらかと言えば鬼、が正しいのではないかと俺は思った。そういう意味では、このGLPだって、式神をシステム化して使っていると言える。
 いろいろ読んでいく中で面白いのは、紙にさらさらと呪文を書き、それがあたかも生きているように動き出すものだった。
 そういえば、あの時の降霊師も紙を懐から取り出して使っていた。
「ん?」
 図書室の窓ガラスに気付かないのか、スズメほどの大きさの鳥が俺に向かって飛んできた。
 当たる、と思って目を閉じるが、ガッとも何も音がしなかった。
 目を開くと、俺が積んでいた本の上に止まって誇らしげに鳴いた。
「あれっ?」
 横に座っている人も、正面に座っている人も、周囲の人が誰一人このスズメを無視していることに気が付く。
 俺はじっとスズメ…… スズメの大きさの鳥…… 鳥のような何か…… をじっと見た。
 じっと見ていると、何かディテールが違う。何か雰囲気が鳥ではないのだ。
「これ、式神だ」
 鳥がそのガラスを抜けてくるわけがない。そして俺以外に気付くものがないとすれば、そう考えるのが自然だった。式神だとしたら、逆によくできている。こんなのを飛ばせれれば、誰にも気づかれずに探偵のようなことが出来る。何しろ、普通には見えないのだから、どこにでも入り放題だ。女湯だろうが、女子更衣室だろうが……
 俺は研究の為、その式神を捕まえてみようと思った。理屈が分かれば、俺にも出来るかもしれない。
 そのスズメに、手を伸ばした瞬間、パッと姿が消え、一枚の紙になった。
「!」
 無の空間から紙が出てきたのは、他人に見えたらしく、俺は不思議そうな目を向けられた。しかし、じっと動かず我慢していたら、全員自分の本や勉強に戻っていった。
 俺は本の上に乗った紙をそっと手に取った。なにか文字が書いてある。
「不純な動機の為には、式神は使えないわよ 冴島」
 冴島さんは初めからこのメッセージを書いておいて、俺に飛ばし、俺が欲を出して式神を取ろうとした時に術が解けるようにしておいたに違いない。俺は試されていた、ということだ。
 スマフォが鳴った。冴島さんからのメッセージだった。
『正しくないことの為に術を使ってはいけない。最初に約束した一番重要なことよ』
 俺はスマフォに向かって頭を下げた。



 俺は大学を出ると、昔住んでいた家の近くのコンビニに向かった。
 ちょっと前に店員を人質に立てこもり事件があったコンビニだった。さすがに直後は客も来なかったが、徐々に客がもどってきているようだった。客より問題なのはバイトが集まらないことにあった。
 俺は店長に挨拶をして奥に入ると、コンビニの制服を羽織った。
 商品を並べていると、外にかかとをべったり付けたまましゃがみ込む若者連中が増えてきた。リーゼントとか、角度を付けたサングラスとか、都心とは違う、郊外や地方によくいる不良のような連中だった。
 連中の方を見ていると、店長がやってきた。
「影山くん、あんまり連中の方をジロジロ見ない方が」
「大丈夫ですよ」
 あまりにビクビクしているので、俺は少し笑いながら言った。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 俺は砂糖とミルクを入れてかき混ぜた。
「影山くん、あなた除霊士になりたいの?」
「えっ? なんでそうなるんですか?」
「井村さんとかを救いたかったんでしょう?」
 ん、俺はそのことを話していないはずだ。
「俺、なんか言いましたっけ?  
「足固められて動けなかった時、電話先で泣いてたし」
「な、泣いてませんよ」
 冴島さんは、スッとコーヒーを口に含んだ。
「……動機がなんであれ、除霊士を目指すなら手法は教えてあげる」
「うんと、俺、除霊士になりたいわけじゃ……」
 コーヒーを持った手をゆっくりと冴島さんの方に出して言った。
「同じことよ。正式じゃなければ、今回の違法降霊師と変わらないわ。除霊士になるためじゃなければ教えられない」
 冴島さんの表情は真剣そのものだった。
 半端な目的で、中途半端に除霊の術を知っている素人よりも、正しい目標に向かって勉強している者の方が術を正しいことにつかえるということだろうか。
 悩んだ末、ふと見るとコーヒーがなくなりかけていた。
 俺は決断した。
「……俺、除霊士を目指します」
 パチン、と冴島さんが手を叩いた。冴島さんが右手を差し出してくると、俺も右手を差し出して握手をした。
「これからは|弟子(でし)って呼ぶから」






「ほら、お客さん来てるじゃない」
 おにぎりを並べていたが、店長に言われてすぐにレジに戻る。
 接客をして、レジ打ちして、商品を渡す。
 おせぇんだよ、と言わんばかりに無言で睨んでいく客。
 それに対しては怒りの感情すら沸かなくなっていた。睨んだり、舌打ちするだけなら何も痛くない。そういうのには慣れてしまった。本当にイヤな客は、肉体的な接触がある。暴力、というやつだ。
「ほら、ぼーっとしてないで戻ってきて」
 俺はまた棚におにぎりをならべる作業に戻った。
 これが終われば、大学に行ける。
 そう思うと救われた。今の状況からすると、大学で勉強することが、肉体的、精神的にも楽だった。バイト先はこんな感じだし、家に帰れば冴島さんから除霊士のためのキツイ修行をさせられる。かと言って大学で寝ているわけではない。大学の勉強が新鮮で、楽しい、安らぐ、と心からそう思えていた。
 俺は服を着替えて、店長に声をかけて上がった。
 店を出て行く俺とすれ違うように、コンビニに女性客が入ってきた。
「ん?」
 振り返ると、女性も俺の方を見たような気がした。
 一重の瞳はすこし垂れ目で、唇も薄かった。顔はスッキリとほそい感じ。知っている女性、というわけではなかった。だが、間違いないのはバランスが良くて美人だということだ。しっかりメイクもしていて、ドキッとさせられる。
 しばらく入り口の端に避けて俺はその女性客の姿を目で追った。
 何度記憶にアクセスしてみても、知り合いではなかった。
「……」
 結局、俺が惚れっぽいだけなのだろうか、と思いながら大学へ向かった。
 午前の授業を受けて昼食を取って後、俺が受ける午後の授業が休講になっていたのに気づいた。
「どうしよう、時間が余った……」
 俺は冴島さんの言葉を思い出していた。『大学の勉強もあるでしょうから、少しでも時間のある時は私に連絡しなさい。そうしないと術は身につかない』そうだった。とにかく連絡をしないと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ