その時あなたは

趣味で書いている小説をアップする予定です。

「……ありがとう」
「ごめん」
「いいのよ。食堂でジュース買って乾杯しない?」
 私の提案に三人は賛成してくれた。
 夕食には早いため、食堂は空いていた。
 私達は窓際に座って、ジュースを並べた。
 チアキとマミが小声で話し合っている。
「(やっぱり、乾杯! って訳にはいかないよね)」
「(おつかれさま、とかでどう?)」
「(そうだね。それにしよう)」
 準備ができると、四人はジュースを持って立ち上がった。
 チアキがジュースを少し高く上げ、
「キミコ、おつかれさまでした」
『おつかれさま』
 ジュースを各々チョン、とぶつけると、口に含んだ。
 私は、皆の笑顔を見て、体が楽になった気がした。
 私はつぶやくように言った。
「帰ってきたんだ」
 マミが聞いていたのか、ちいさくうなずいて見せた。
 チアキがテーブルの下に手を伸ばすと、
「そうだ、ポテチあるけど食べる?」
 と言った。
「食べる食べる」
 四人の真ん中に、ポテトチップスの袋が開けられた。
 四人が一斉に手を伸ばすより先に、上から一枚、スッと手が伸びてきた。
「ひさびさにポテトチップと食べたわ」
「新庄先生」
 声に振り返った。
「白井さん、ちょっといいかしら」
 私は手に取ったポテチを袋に返して、新庄先生に付いて食堂を出た。
 下駄箱で靴を履き替え、先生の後をついて寮の外に出た。
「木更津マミさんにコアを持たせてるって本当?」
「いきなりなんですか?」
「そうなの?」
「はい。父が『お前の最も大切にするものをコアに取り込め』と言っていました」
「……」
 新庄先生は腕をくんで黙ってしまった。
「今度、またあの大型が来た場合、木更津マミを連れて行かなければならないのよ? 私や、鬼塚刑事のことは知っているの?」
「連れて行きません」
「えっ? そういう答えだとは思っていなかったわ」
「マミを殺すわけには行きません。だから、もう二度と〈転送者〉の出る現場にマミは連れて行きませんから」
「……どういうことか分かって言ってるんでしょうね?」
 両手の拳を握ると、私は体が少し前に出ていた。
「私達は〈転送者〉と戦うべく組織された集団なんでしょうか? 鬼塚刑事が勝手に呼ぶから、個人的に戦っているだけなんじゃないですか? そんなことに、マミを巻き込まないでください」
「なに言って……」
「国家が」

 さらに亜夢は触れている床を通じて意識を広げていく。
 人の出入り、扉の位置などが分かってくる。しかし、ここがどこか何かわからない。
『このスペースは上から見ると、カタカナのコの字型をしているようです』
 清川、中谷と順番に思考を読み取るが、二人ともノーイメージだった。
『亜夢ちゃん、亜夢ちゃん、俺の考え読み取れる?』
『どういう内容ですか?』
『署で見せられたホテルの図面を思い出してみる。それとも、言葉のような思考しか読み取れない?』
『やってみます』
 亜夢はそう送り返すと、中谷の思考を読み取った。
 今考えている信号は変化で読み取りがしやすいのだが、イメージ的なものは一度に複数の情報の励起を捉えなければならず、なかなかうまくいかないのだ。
「んふ、んふ……」中谷のイメージを読み取ろうとすると、本人は『くすぐったい』と感じているようだった。
「いもちあるい」清川の思考から『中谷さん気持ち悪い』と考えている。
 亜夢は|思念波(テレパシー)を送る。
『中谷さんのイメージを読み取るのは無理です。中谷さんが図面を思い出しながら、言葉で表現してみてください』
「ううううあえあい……」
 実際にのどを動かして声を出そうとしているらしい。
 亜夢は中谷の思考から読み取る。
『……四角い形の端に、舞台のようなエリアがあって…… その後ろ…… あっ!』
 どうやら考えているうちに、中谷自身がその場所を見つけたようだった。
『コの字型の領域って、舞台裏手だ。床がコンクリート打ちっぱなしってのも納得がいく』
 亜夢は何とか手を縛っているものを切りたいと思っていた。
 どうすれば清川と中谷を気づ付けずに手足の拘束を外せるだろう。
 いきなり腕を|非科学的潜在力(ちょうのうりょく)で硬質化して振り回せは外れるだろう。しかし、同じものにつながっている清川や中谷を傷つけてしまうかもしれない。
 そうか。
 亜夢はまず、目視できるようにすることを思いついた。
 空気を動かして空間の形や大きさを確認するより、この目隠しを外す方が簡単だったのではないか。
 すぐにそれを実行した。髪の毛をコントロールして、目隠しのマスクに絡め、紐を切った。
 同じようにして、口にかまされていたタオルも切ってはずす。
「ふぅ…… 苦しかった」
「おおやあおあうあん……」
 亜夢の声を聞いた清川はそんな風に言った。
 首を左右に振りながら、後ろの手がどのようにつながれているか確認する。
 どうやって外せばいいか……
 首をまげても腕がどうなっているか分からない。
「どうしよう。後ろが見えない」
『あうあん、ああいああう、ああいおうぁえ」
「もう一度言ってください」
 そう言って、亜夢は清川の思考を読んだ。
『亜夢ちゃん、鏡がある、鏡をつかって』
 どうやら清川のポケットに手鏡があるからそれを使えということらしい。
「えっ、でも、どうやって使えば……」
 亜夢は清川に聞き返した。
「えいういうあいて……」
 すぐに思考を読む。
『宙に浮かせて使えば? 超能力ならそういうのできない?』
「そこまでは…… 出来ないんです」
「あう」
 中谷が声をだして、何か言いたそうだった。
『亜夢ちゃん、清川くんや俺の腕の事を心配してるんだろう? 清川くん側じゃない、私の腕の方はどうなってもいいからこっち側だけでも無理やり外してみなさい。そうすれば後ろを振り返ることも出来るだろう』
「けど……」
「あいあうあん」

 必死なオレーシャの姿を見ていれなくなって、うつむいた。
「父は」
 開いていた両手をグッと握った。
「父は私を、私は父を助けようとして」
 もう一度オレーシャの目を見つめ返した。
「けれどどうにもならなくて」
「ああっ……」
 オレーシャが、溜まっていた感情が噴出したように泣き崩れた。
 周りに集まり始めていた寮生が一気にオレーシャの周りに近づいて、先生の肩をかついで寮監室へとつれていった。

 ゲートが開き、巨大な〈転送者〉の足が踏み出される。
 岩を積んだような巨大な足が、ゲートから逃げだそうとするバスを踏みつぶす。
 臨界の光を背にして、ゲートから〈転送者〉の全身が出てくる。
『代弁してやる。「キミコ、さようなら」』
 消えていく|肌色の物質(ちちのにくたい)。

「部屋に入らないの?」
 マミが部屋の中から呼びかけてきた。
「……あっ。うん。入るよ」
 ミハルとチアキも私をみるなり、立ち上がった。
「あんた大丈夫? 何かあったら言っていいのよ」
 チアキはそう言って私を引き寄せてきた。
「あんたもなんか言いなさいよ」
「……」
 ミハルはいつもとちょっと違う優しい表情で、こちらを見ていた。
「二人ともありがとう」
「キミコがこっちの部屋、戻って来れるようにお願いしているんだけど」
 私の後ろでマミが言った。
「ありが……」
 振り返ろうとする私を制して、ミハルが言った。
「キミコ、それがちょっと簡単にはいかないみたいなのよ。一度部屋割りを変えて、いざもどそうとすると、この部屋だけ四人という異常な人数になっちゃうから、何かそれを許可するための理由が必要なのよ」
 ミハルが来た時に四人に出来たんだから、あんたがどっかに動けばいいんじゃないの、と思ったが言わなかった。
「そうなんだ……」
 コアを持つマミとは一緒にいなければならない、とか鬼塚さんの方から学校に働きかけてもらえないだろうか。
 今度、あんな大きい敵が現れた場合、私一人で戦えないのは事実だ。
 今回はゲートを破壊しているが、アンテナは見つかっていない。鳥の巣の外には扉が普通に存在する。
 それを狙われたら、ゲートと同じように大惨事になってしまう。
 私は自分自身で納得して声を出してしまった。
「そうだよ……」
 いや、ちょっとまて…… それはまたあのコアとマミを利用して戦うことが前提になっている。
 だいたい、私は何故戦わなければならないのか……
 私達を守るのが国家の機能だと、授業で学んだばかりなのに。
「?」
 マミやミハル、チアキがきょとんとした顔でこっちを見ていた。
「あっ、なんでもない」
「とにかく、学校復帰おめでとう」
「チアキ! キミコのお父さん亡くなっているのよ」
 マミがたしなめると、チアキは小さくなった。

↑このページのトップヘ