その時あなたは

趣味で書いている小説をアップする予定です。

「えっ? 私も昨日、教室の窓に、不自然な人影を見ました」
「えっとな…… うん。あのな……」
 佐藤先生は立ち止まり、階段の壁に手をついた。
「先生?」
「うん。そうだな。あのな。えっとな……」
「先生!」
 そのまま階段の途中でしゃがみこんでしまった。
「……そのな、あのな」
「アリス?」
 アリスが振り返って私の方を見た。
「?」
「先生?」
「あ、うん。もう大丈夫。大丈夫だ。教室に戻ろう」
「……」
 アリスに見つめられている間、先生は何もしゃべれなくなっていたのではないか。
 非常に不自然な会話だった。
 階段をおり、廊下を歩いている時にもう一度試した。
「佐藤先生は、昨日の侵入者の画像は見ましたか?」
「ああ、見た……」
 またアリスが佐藤先生の顔を見た。
 佐藤先生は立ち止まった。
「ん…… いや。すまん。それは、ウソ。それは、ウソだ。先生が、ウソを言ってはいかんよな……」
「先生。侵入者は監視カメラの画像に残っていますよね?」
 私の言葉に反応して、佐藤先生は手で頭を押さえ始めた。
「あっ…… だから…… あのな…… すまん、すまん、すまん……」
 私はアリスの腕を引っ張った。
 佐藤先生が大きくため息をつく。
「ふぅ……」
「あなた、何者なの?」
「だから転校生だよ。北島アリス」
「先生に何をしたの。アリス。あなたの口からいいなさい」
「……」
 アリスの目には佐藤先生が映っていた。
「ほら、こっちを向いて」
 私はアリスの頭を両手で押さえて、自分の方を向かせた。
 アリスの瞳に私の姿が映った。
「あなたは何者なのか答えなさい」
「……」
「えっ?」
「……」
「あなたが何者なのか。どこから来たのか……」
 視野の端に、佐藤先生が頭をかいているのが見えた。
「!」
 その瞬間、アリスが私に抱きついてきた。
 そしてアリスの頬と私の頬が触れあった。
 なんて|肌理(きめ)細かい肌なんだ…… 気持ちいい…… 違う!
 両手でアリスの体を引きはがすと、佐藤先生の方を見た。
 先生は腕を組んで私達の方を見ていた。
 佐藤先生の何かを確認したかったのに、何もわからない。じっと佐藤先生の顔をみるが、普段と同じような、まったく違う別人のような顔にも思えた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 美優はもう覚醒し始めているのかも知れない。
 お尻をつく寸前、亜夢には美優の体が浮いたようにみえた。
「美優、今の……」
「みーつけ」
 男の声だった。
 視線をむけると、空き地の端にバイクに乗ったロン毛の男がいた。つづけて、バイクのエンジン音が聞こえてくる。
「おっ、いるいる。女子四人だぜ」
 そいつは腹にさらしを巻いて、上半身裸だった。
「ちょうどいいな…… って、一人足りねぇじゃねぇか。一人連れてこいって、呼び出させるか」
 半帽に黒いマスクをした男はそう言った。
「ひと|気(け)のないところで見つかるとは都合がいいな」
 そう言ったのはバットを持っている男だった。
「気を付けろ、土管の近くに立ってる女だ」
 その声は灰色のつなぎを来た男……
「……小林」
「えっ、変態とか、痴漢だっていう人?」
 亜夢の声に、美優は慌てて立ち上がる。
「ここに何しに来た」
「わかるだろ。何度も馬鹿にされたままじゃ済まねぇんだよ」
 次々とバイクから降り、男五人は空き地に入ってくる。
「まったく、ヒカジョとは言え、こんなガキどもにビビるなんて」
 バットを持った男が言った。そいつが体つきも一番大きく、態度も大きかった。
 亜夢が男たちの方へ近づいて、左手を伸ばす。
「この|娘(こ)達に手出したら承知しないよ」
「ああ。まずはお前で徹底的に遊んでやるから安心しな」
 バットを振り出して、両手で竹刀のように構えた。
 そして、顎をクイッと動かすと、残りの連中が突っ込んできた。
 さらしを巻いた男が、しゃがんで手を開いて地面に着けていた。
「くらぇ」
 バカは行動する前に声にだしてしまう。
 亜夢は|念動力(テレキネシス)で風を起こし、土埃をそのまま相手に返した。
「ぐはっ、何しやがる」
「バカ、やる前にしゃべるからだ」
 半帽に黒マスクの男は、そう言って棒を突き出してくる。
 亜夢は左右にステップしながら避けると、今度はつくのではなく、水平に振り回し始めた。
 今度は後ろに下がって避けるが、後ろにはアキナや奈々、美優がいる。
 続けて踏み込んで振り回す棒を、亜夢は片手で受けにいく。
 一瞬、手のひらの手前で棒が止まった。
「なにっ?」
 そのまま亜夢は棒を掴んで引き、半帽の男が倒れ込みながら突っ込んでくるところに、右こぶしを振り下ろした。
「ぐぇ……」
 亜夢の拳が当たったか、当たらないかのあたりで男は、地面に突っ伏して、動かなくなった。
「やるね」
 バットを持った男は姿勢を保ったまま、亜夢との間合いを詰めていた。
「くらぇ」
 さらしを巻いた男が両手で土を放った。
 空に飛散した土は、再びさらしを巻いた男の顔面に返された。
「ぐはっ、何しやがる」
「だから、やる前に言うなよ」
 そう言うと、バットを持った男が、次の男に指図した。
 ロン毛の男が、ファイティングポーズをとって前に出てくる。
 フットワークの感じから、ボクシングの心得があることが分かる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 そして私の手を掴むと、アリスは自らの胸の上に引き寄せた。
「えっ、えっ!?」
 私は「ぐー」のままだと不自然だから、と思い、手を開いた。
 ぺたり、と手の平がアリスの胸を包むように置かれる。
 暖かい。
 いや、それより柔らかい。
 手の平に伝わってくる感触が、脳を溶かすようだった。
「アリス? 何、これ?」
「白井! お前何やってんだ?」
「!」
 私は慌ててアリスの手を引っ張って、先生に見られないよう、階段側へ引き込んだ。
 倒れかけたアリスは私にしがみつくように抱きついてきた。
 ぎゅっと包まれる感じが、なんとなくマミと抱擁した時に似ている。
 胸やお尻のサイズも……
 いや、全体的にマミに似ている。
 チアキがミハルに似ているような、入れ物が同じで中身が違うものみたいな……
 気が付くと、私の唇とアリスの唇が近づいていた。
 鼻をぶつけないように、お互いが首をかしげている。
 こ、このままじゃ……
「白井?」
 男の人の声。
 私は慌てて体を突き離す。
「さ、佐藤先生」
「そっちは例の転校生のきたじま……」
「アリス」
 急にそう言った。
 アリスは、今の今まで声を出さなかったのに。
 佐藤がまるで思い出したように手のひらを叩いた。
「そうだったな。北島アリス。うん。おぼえてるよ」
「……」
「しかし、白井はここで何してたんだ。北島を見つけてくれたんだったら助かったが」
「いえ、私は……」
 言いかけている私を制して、佐藤はアリスの手を引いて階段を下り始める。
「まあいいか。教室に戻ろう」
 何か、変だ。
 昨日の不思議な人影と、北島アリスの転校が、何か関連しているような気がしてならなかった。
 誰かが、何か学校に仕掛けている。
「佐藤先生」
 階段を下りている途中で尋ねた。
「警備員さんがいっぱいいるって聞いたんですけど、本当ですか?」
 佐藤先生が、頭の後ろを掻きながら答えた。
「そうみたいだな」
「何があったんです?」
「昨日、学校に侵入者がいてな」
「……」
 一瞬、アリスが佐藤先生の顔をみたようだった。
「いや。いなかった。そんなことはなかったんだ」
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ