八話です
 

これまでのあらすじ

主人公真琴は頭痛持ちの女子高校生。真琴は、頭痛の度に夢でヒカリに出会い、聞かされていた話があった。そして、高二になったある日、ヒカリから聞いていた敵と遭遇する。敵を倒すには、敵の保有者と接触状態で夢を共有し、その夢の中で敵を打ち負かさねばならない。同級生の友人『薫』と協力し、目の前に現れる敵と戦うことになるのだが……
前回の戦いで、ヒカリと敵のエントーシアンを保有していた田畑がひかれ合ってしまった。真琴は田畑に会いたい一心のヒカリに、体を奪われる恐怖が、日々大きくなっていくのだった。


 
登場人物

新野 真琴 : ショートヘアの女生徒で東堂本高校の二年生。頭痛持ち。頭痛の時に見る夢の中のヒカリと協力して精神侵略から守ることになったが、ヒカリに裏切られる。

北御堂 薫 : 真琴の親友で同級生、真琴のことが好き。冷静で優秀な女の子。真琴を救う為にラボでエントーシアンを取り込んだ。

田畑まさみ : クラブで真琴に薬を飲ませた、胸の大きい同じ学校の同期の女生徒。エントーシアンの保有者だった。

渋谷 涼子 : 同級生でモデル。偶然、ロケ先で真琴と知り合いになる。【鍵穴】となっていたが、真琴に救い出された。薫と共に戦い、真琴をヒカリから救った。

浜松たまち :  真琴と同じクラスで【鍵穴】となってしまった女生徒。真琴と友達になることで救い出された。

品川 優花 : 陸上部で真琴と同じクラス。最初に【鍵穴】として発見された。

上野 陽子 : 剣道部の三年生。【鍵穴】となってしまい、別の意識体に入り込まれて騒動になる。

メラニー・フェアファクス : 北御堂の養育係、黒髪、褐色の肌のもつイギリス人

------------------------------------------------------
 
 授業が始まると、真琴は頭痛が始まった。
 ヒカリが話しかけてきたのだった。
「真琴、薫の『ラボ』のことだけど、あの話をすべて信じているの?」
 真琴は無視すると決めていた。
「真琴、薫を信じるとかそういう意味ではなく、『ラボ』を信じることができるの? と言っているのよ」
 真琴は授業に集中するようにして、極力ヒカリの言うことを考えないようにしていた。
「ボクは今の人類に、エントーシアンを移植したりする技術(こと)は出来ないと思っている」
 ヒカリが冷たい目でボクをみているのを感じた。
 やはり答えてはいけない、と思った真琴はそのまま無視し続けた。
「そう。真琴は『ラボ』に対して過度に依存しない方がいいと思うよ。何者か見極めるつもりで対峙しないと、きっと痛い目をみることになる」
 真琴は、全く頭に入っていない黒板の内容を、ただ機械のようにノートに写し取っていた。
 しばらくすると、ヒカリは姿を消した。
 そして、気づくと頭痛もなくなっていた。
 真琴は手で頭を挟むように抑えた。
「新野、なんだ? 頭痛か?」
 先生に問いかけられた。
「あっ、これは、その…… はい。ちょっと頭痛がひどくて」
 真琴は途中で考えを変えた。
「ムリしないで、保健室で休んでなさい」
 保健委員が立ち上がろうとすると、
「一人で行けるさ。わざわざ付き添うこともないだろう」
「はい、一人でいけます」
 真琴は教室を出た。
 廊下を歩いているとき、スマフォが振動した。
 真琴は『リンク』を開くと、薫からだった。
『男子が四人、保健室に行った。気をつけて』
 確かに真琴が降りてきた階段の方から、何人かの足音が聞こえた。
 以前、たまちと戦った時にこういう第三者をコントロールして、戦ったことがあった。
 真琴もそのコントロールを解除したり、逆にコントロールしたりすることを学んだ。
 焦らず後頭部に触れ、あの時のことを思い出し、意識を集中させればいい。真琴はそう考えた。
 廊下の先を見ていると、廊下の角から男子生徒が飛び出してくるのが見えた。
「!」
 全員が頭を、特に後頭部を隠していた。
 下に着たパーカーのフードを引っ張りだして頭にかぶっている者、学生服の上着を頭に押し付けるように着ている者…… 格好は違ったが、コントロールを取られないように一人一人が工夫していた。
 まずい…… 真琴はそう思った。
 その時、再び頭痛がした。
 近づいてくる四人に重なって、ヒカリの姿が現れた。ヒカリは言った。
『代わろうか?』
「いや!」
 真琴は振り返って、走り出した。
 それを許したら、毎回毎回、ヒカリに体を奪われてしまう。
 すんなり体のコントロールを明け渡すわけにはいかなかった。




ーーー
いつもありがとうございます。
お手間でなければクリックをお願いします→にほんブログ村