ガンッ、と音がして、E体は両腕を前についた。
 そのまま蹴って体を持ち上げる。短足なE体が逆立ちをするような恰好になった。
「前に!」
「えっ」
 E体は逆立ちをするのではなく、腕で体を弾くと宙を舞った。
「踏みつぶされる」
 一体、どこが落下地点かわからなかったが、私と新庄先生は全力で前進した。路上の大きな影とスッとすれ違う。
 バチィーン、と大きな音がして、E体が着地する。
 私は走りながら後ろを振り返る。見ると、あの場にとどまっていたら確実につぶされていたことが分かる。
「こっちを追ってくる?」
「!」
 追ってこない、ならE体は学校へ行ってしまう。
 しばらくの沈黙から、ゆっくりとE体が振り返った。
 新庄先生は両手を上げて大きく左右に振り始める。
「あなたもアピールして」
「えっ?」
「こっちを追いかけてもらわないとまずいでしょ!」
「はっ、はい!」
 私は大声を張り上げながら、腕を大きく振った。
 E体の赤く大きな目で、こっちを見ているのかはわからなかった。
「なに、なんなの?」
 新庄先生は、固まったように動かないE体に苛立った。
「ほら、こっちよ。こっちにいるわよ!」
 私も激しく手足を動かす。
「かかってきなさいよ、ぶっ倒してやるんだから」
 E体の赤い目が消えた。
 まるでまぶたをとじたように。
 再び赤い目が現れると、両腕をアスファルトに突きたてながら、ゆっくりと転回した。
「まずい!」
 新庄先生がE体の方向へ走り出した。
「あなたは飛びなさい!」
 言われるまでもなく、私は翼を広げていた。
 少し助走をつけると、飛び上がる。
『どうなっている?』
 鬼塚の声が聞こえる。
『早く来てください。E体が学校を狙っている』
 なぜ、なぜ学校を狙う。
 学校には…… マミがいるのに。
「?」
 私の中に単純な答えが浮かんで、すぐさま否定されて消えた。
 ありえない。
 腕を使って四つ足のように走るE体を追い越すと、急旋回し、腕の付け根を狙って急降下した。
 首なしのE体は、この態勢だと上が死角になるはず。
 腕の付け根に私の蹴りが食い込めば、腕がちぎれないまでも、攻撃力が半減するだろう。
「あぶない!」
 新庄先生が叫んだ。
 私はE体に突っ込むのをやめて、急上昇する。
 E体の背中に、赤い目が移動してきた。
「見えているのよ」
 見えないふりをして、油断させていたというわけか。
 反撃は回避したが、どんどん学校に近づいてしまっている。
 この翼は見せられないし、見せなければならない事態になったとしたら、学校の危機だ。
 新庄先生がE体に追いついた。
 下半身を蛇化し、E体の短い脚に絡みつける。
 一瞬、E体の動きがとまったが、E体が両腕を同時に使うと、新庄先生は足を取ったままの状態で引きずられてしまう。
 新庄先生を引きはがそうと、E体は足で立って腕を振り上げた。
「今だ!」
 私は振り上げた腕の付け根に降下して、足の爪を突き立てた。