パシュっ、と音がして、新庄先生が巻き付いていた〈転送者〉が消えていく。新庄先生の体が巻き付き、コアがつぶされたのだ。
 〈転送者〉の姿が歪んだ。
 新庄先生が巻き付いたわけでも、私が蹴り込んだわけでもない。
 自分の体もゆらりと動いた。
「白井さん?」
 新庄先生が〈転送者〉の短い脚を払って倒す。
 その〈転送者〉の体が、私の鼻先をかすめていく。
「何やってるの?」
 飛び上がり、目の前に倒れている〈転送者〉へ急降下した。
 〈転送者〉が立ち上がるよりも早く、私の足先がコアを破壊していた。
「はぁ…… はぁ…… もう…… だめ……」
「まだくる、後、二体…… いえ…… さらにもう二体……」
 もうろうとする意識の中で、かすかにその存在が視野の隅に入ってきた。
 ドンドン数が増えていく……
 拳と足先を使って、コアを貫いていく。
 新庄先生も、ペースを上げる。
『鬼塚刑事……』
 私と新庄先生は何度もそう話しかけた。
 鬼塚刑事からの返事はなかった。
 先生も私も二けたの〈転送者〉を破壊したころ、このたくさんの〈転送者〉が現れる理由を見つけた。
「誰がこんなこと……」
 〈転送者〉を倒していった先に、空き地が広がっていた。
 その空き地には、この前と同じように足場と、ビニールシートで〈扉〉状のものが作られていた。
 今まさに空き地の端にあった一つから、〈転送者〉が生まれようとしていた。
 私は怒りに任せてその〈転送者〉を蹴った。
 抵抗する間もなく、コアが破壊され、シュウと空気が抜けるような音がした。
 私は建てられた足場から、ビニールシートを引っ張って外した。
 新庄先生も走って、扉の代わりをなすビニールシートを外し始める。
 外しかけたシートから〈転送者〉が姿をあらわすと、駆け寄って拳でコアをえぐり出す。
 両手でコアをアスファルトに叩き付けると、〈転送者〉は動きを止め、蒸気のように消えていく。
「多すぎる……」
 こっちがビニールシートを外すより早く〈転送者〉が現れてしまう。
 幸いなことに、転送されるとビニールシートに引っかかってしまい、次の〈転送者〉は生み出されない。
 転送者に焦点が合わない。頭がぼーっとする。
 一体の〈転送者〉がブレて二体いるように見える。
「だめ……」
「危ない!」
 新庄先生が〈転送者〉の足に絡みつき、倒した。
 寸前で叩き潰されるところだった。
「しっかりして」
 新庄先生が背中を合わせてきた。
「眼の前の敵を倒さないと、お互いヤバイわよ」
 覚悟を決めるしかなかった。
 
 
 
 鬼塚刑事が来て、現場を調べ始めた。
「なんだこの数は……」
「ほぼすべて白井さんが倒したわ」
「……」
 二人の視線に気付く。
「お前、大丈夫か? 怪我はないのか?」
「大丈夫です」
「しかし制服がボロボロじゃないか」
「ああ…… そうですね」
 端がボロボロだし、泥や油のようなものが付いていてシミのようになっている。
「鬼塚、あれで学校まで送っていって」
 新庄先生は親指で鬼塚の車の方を示した。
 鬼塚刑事は回りの警察官に声を掛けてから、戻ってくる。
「さあ、学校まで送ろう」
 車が滑らかに走り出すと、学校と寮を結ぶ道路を勢い良く走った。
 〈鳥の巣〉のすぐ脇の道だ。他に走る車などない。
 しばらく走ると、学校についた。
 私と新庄先生は車を降り、鬼塚に礼を言った。