清川がちらり、と亜夢を見る。
 亜夢は人差し指でそっと顎に触れ、首をかしげていた。
「そのお休みの時は何をなさってましたか?」
「……」
「それ、言う必要あるでしょうか」
 口元が見えないせいで、三崎の表情がムッとしているのかわからない。
 声の感じも、怒っているのか冷静なのかが判断できない。
「いえ。あくまで参考までにお聞かせいただければ、というだけで」
 そう説明しているのは清川なのに、三崎は亜夢の方を見ていた。
「……そうですか。自宅にいました。それだけです」
「ありがとうございます」
 何かを読み取ろうとしているかのように、三崎がじっと亜夢を見つめる。
 三崎のマスクがもぞもぞと動いた。
「あの、そのヘッドホンかわいいですね」
「あっ、これヘッドホンじゃ……」
 言いかけて、亜夢は『じゃなくて、これはキャンセラー……』と、言ってはいけないことに気付いた。
 亜夢は誰かを探すようにあたりを見回した。
 清川がそれに気づいた。
「?」
 亜夢は清川の顔を見て、それから三崎の顔をみた。
 ヘッドホンを耳に当てなおして、言った。
「そうですか。ありがとうございます」
 三崎は首を傾げた。
「?」
「質問は終わりです。ご協力ありがとうございます」
 三崎は立ち上がり、亜夢を一二度見てから、奥のオフィスに戻っていった。
 亜夢と清川は相談して後一人についてどうするかを話し、今回はあきらめることにした。
「長々とお邪魔してすみませんでした」
 オフィスの外に出ると、そう言った。
 最初に出てきた女性が、エレベータホールまで出て見送ってくれた。
 一階まで降りて、エレベータを出た瞬間、清川のスマフォが震えた。
「加山さんだ……」
 困ったような顔で亜夢を見た。
「けど、出ないと」
「もしもし」
 言った瞬間にスマフォを耳から遠ざけた。
 かなりの音量で、亜夢も目をまるくしていた。
「加山さん、すみません」
 亜夢は手を合わせて清川に謝るようなポーズをした。
「います。大丈夫です」
 清川は亜夢に指で行先を指示しながら、言う。
「いきます、すぐいきます」
 小走りに走りながら、清川はたずねる。
「最後の人、なんなのかな?」
 亜夢も追いかけるように走りながら、答える。
「何かあると思います。もしかすると、超能力者なの、かも」
「えっ!」
 清川は急に立ち止まる。
 亜夢はかわしきれずに清川にぶつかる。倒れそうになる清川を抱きとめた。
「ご、ごめんなさい!」
「えっ、いいのいいの。うん。ごめんなさい、というよりごちそうさま、って感じかな」
 二人はゆっくりと体を離した。
「?」
 亜夢が首をかしげると、清川は言った。
「超能力者同士って、相手を認識できるの?」
「学園ではそうですね。テレパシーを感じます」
「えっ、じゃ、さっきの…… 三崎とかいう人からも」
 亜夢は黙って清川を見つめる。
「ちょっと違うんですけど…… 似たような感覚はありました」
「ちょっと違う? 超能力者じゃないの?」