高い山を全力で駆け抜けたような疲労感が私を襲った。
 何も考える余裕もないまま、私は意識を失っていた。

 目が覚めた時、そこはまだ学校の保健室だった。
 ついたての向こうには灯りがついていた。
 少しだけ見えるカーテンの外は真っ暗だった。
 ついたてに映る影がすこし動いた。
 長い髪、新庄先生だろうか。
「新庄先生」
 ついたての影が立ち上がる。
「新庄先生は寮の仕事があるから帰られたの」
 同時に、ついたてが動いて、金髪の女性が入ってきた。
「白井具合はどう?」
 私は混乱していた。
 この私の体の話を、オレーシャにしたのだろうか。
 それとも何も告げず、この状態を不審に思わず、看病してくれていたのだろうか。
 新庄先生でないのなら、ここは少々無理をしてでも、保健室を離れなければならない気がしていた。
「もう、だいじょうぶ」
 布団をめくって上体を起こそうとするが、体をひねったり、腕を後ろにつく、という簡単なことができなかった。
 筋肉痛? というより、意識が体に伝わらないような感じだった。
「無理しちゃだめ」
 オレーシャがふとんを掛けなおしてくれた。
 私のおでこに手をあて、何度か髪をなで上げるように動かした。
「心配しないでいいです。新庄から泊まってくれと頼まれましたから」
「……そんな、大丈夫です。帰れます」
「体も起こせないひとは帰れません。成田さんも今日は寮へ行くバスは止めました」
 オレーシャは、また私の髪を何度かかき上げた。
「だから落ち着いて寝ていればいいのです」
「先生は?」
「先生は仕事があります。ちょうどいいです」
 かけ布団を、ポンポン、と叩いた。
「白井さん、落ち着かないなら何かお話しましょうか」
 私は黙っていた。
「合宿。合宿楽しみじゃないですか? プールありますよ。ふふっ」
「……」
 合宿まで〈転送者〉に荒らされたら大変だ。そうでなくても、こんなペースで〈鳥の巣〉外にも〈転送者〉が現れたら合宿ができなくなってしまう。
「……水着」
「どうしましたか?」
「先生、水着は買いましたか?」
 先生は手を合わせて、ニッコリ微笑んだ。
「そうね。お店にはいってみたけど、まだ種類が少なくていいのがないのよ。もう少ししたらまた階に行こうかしら。白井も一緒に行きますか?」
 私はうなずく。
「合宿参加者に声をかけて、みんな一緒に行きましょう」
 楽しそうなオレーシャの顔を見ていると、私も少し元気が出てきた。
「笑った。よかった白井笑ってくれた」
 また頭を撫でられた。
「白井ぐっすり寝て。何も心配しなくていいから」
 そう言うとオレーシャは布団に入ってきた。
 体を温めてくれるかのように寄せ、布団を上から軽く、ポン、ポン、とゆっくりしたリズムで叩く。
 オレーシャの温もりと匂いに、張っていた気持ちがスッと軽くなるような気がした。
 ゆっくりまぶたを閉じると、オレーシャが言った。
「体を楽にして、ゆっくり休んで」
「……」
 私はオレーシャの体に顔をうずめるようにした。
 最初、びっくりしたように反応したが、やがてオレーシャは私を受け入れてくれた。
 暖かいからだに包まれながら、私は再び眠りについた。



 お母さん。
 お母さん。