なんかこっちが、必死にアクセスアップしたい、と思って探すと『なろう』内にそういうノウハウ記事がある。
それを読んでいると、それを書いたひとのアクセスがアップしていることになる。
「あれ?」と思う。何かずるくない?って気がする。
読者が読みたい記事でなくても、大勢の人が読みたい内容を書けばアクセスアップするということだ。
しかし、それは「小説家」になった訳じゃないんじゃないか。
「小説家になろう」ではなく「ライターになろう」というサイトなら別にいい。
けれど「小説家」なろうなのだ。「Webで有名になろう」の省略系としての「なろう」ではないのだ。
そういう思いつきが出来ない時点で、こっちは心理を読めてないんだし、アイディア負けしているのは悔しいが認める。
けどそれは、くどくなるけど、エッセイとかブログ記事であって「小説家」ではないと思う。
けど、読んだけどね。
何時にアップしたらいいか分からねーし、どれくらいの長さで分割したらいいかもわからねーし……
はぁ……

小説は書けないのに、こういう文句なら浮かんでくる。

おやすみなさい。