「早く乗れ」
 車に乗ると、扉を閉めた。
 動き出すと、鬼塚が言った。
「先生は、自ら実験をしようとしているんじゃないのか」
「父が…… ですか?」
「〈鳥の巣〉の外にあるアンテナを位置を、ほぼ特定できていて、それを探しに行かなかっただけ」
「どうして父がそんなことを」
 鬼塚は少し間をあけた。
「今話せることはそこまでだ。都心へ向かうぞ。仮眠をとっておけ」
「何があるんですか? 都心で私達は|力(ちから)を使えない。使ったら、パニックになってしまう」
「いいから寝てろ」
 鬼塚の横顔を見るが、これ以上何かを話してくれそうになかった。
 私は鬼塚の言葉に従って眠っていた。
 
 鬼塚に起こされたのは、地下の駐車場だった。
「どこですか?」
「白井先生の大学近くだよ」
 車を降りると、建物の入り口へと進む。
 警備員が立っていて、こちらを見ている。
 鬼塚が会釈をしてから警察であることを告げる。
「そちらは?」
「捜査協力者だ」
 入り口を開けてくれた。
 中に入ると、細い通路になっておりそこは、酢のような臭いが充満していた。
「な、なんなんですか?」
「生物の研究室の匂いだ」
 鬼塚がなぜこの臭いをそう表現したのかわからなかった。
「えっ、〈転送者〉は生物、なんですか?」
「お前の父親の研究だろう」
「ごめんなさい。父の仕事のこと、良く知らないの」
 エレベータでフロアを上がると、鬼塚は慣れたように研究室の扉を開ける。
「ここにヒントがあるはずだ」
「ここが父の研究室……」
 鬼塚はパソコンの類が持ち去られているのをみて悔しがる。
 机に貼ってある付箋を必死に読んでいる。
 私は、窓の方へ歩いて、そとの風景を見る。
「あっ、あれは百葉高校からも見えるわ」
「白井も探してく……」
 鬼塚はそこでいい止めてしまった。
 窓の外を見ながら、私の方に近づいてくると、言った。
「今言ったことは本当か?」
「ああ、あれのことですか。本当ですよ。一度校舎から見たことあります」
「あれだ。〈転送者〉のアンテナがあるとしたらあそこだ」
「えっ? あれって観光用のタワーじゃないんですか?」
「某システムダウン後に建設が始まった、観光兼デジタル放送用電波塔だよ」
 窓の外、そう遠くない距離に巨大なタワーが存在した。タワーの姿は、自らの航空障害灯が点滅でうっすらと形どられていた。
「〈扉〉支配者、達が仕掛けたということですか?」
「百葉高校の通学路とセントラル・データセンター、そしてあの〈巨大電波塔〉の位置関係を確かめられないか?」
 私は研究室の中を見て、キーボードを見つけ、自分のスマフォに接続した。
 学校の授業用のWebサーバーにつなぎ、地図のウェブサービスを利用して、セントラル・データセンター、〈巨大電波塔〉のから円を描くようにスクリプトを組んで実行する。
「こんなものでプログラムができるのか」
「本当だ、この位置なら、ちょうど通学路近辺に〈転送者〉を発生させることができる」
「……白井先生の狙いはなんだ? なぜ俺たちから逃げるようにいなくなったんだ」
「アンテナの位置を私に教えてしまったようなものだから?」
 鬼塚は黙って私のスマフォに表示された地図を眺めている。
 そして、指を滑らせて中心を〈鳥の巣〉のゲートにする。
「ここに〈転送者〉の発生場所を動かすには?」
 百葉高校の通学路あたりまで届くわけだから、セントラルデータセンターを中心とした円の範囲は届いている。