|あの場所の周辺があやしい(・・・・・・・・・・・・)、というだけだった。
 捜査の進展とはいえないレベルなのだ。
「うんと…… 具体的にはちょっと、わからないですが」
「なるほど。何か、直感的なものがあるのかな」
 亜夢はゆっくりとうなずいた。
「明日、署ですこし話を聞かせてくれ」
 警察署の近くの駅で降り、加山はホテルのロビーまで亜夢を送った。
「それじゃあ、明日、また中谷が迎えに来るから」
「はい」
「おつかれさま」
 会釈をして、加山が見えなくなると亜夢はロビーの時計を見た。
 まだ夕食にはかなり時間がある。一気に暇になってしまったのだ。
「あっ、そうだ!」
 亜夢は何か思い出したようにスマフォを取り出した。
 スマフォを見つめながらニヤニヤ笑いはじめる。
 メッセージアプリで盛んに指を動かしていると、亜夢のスマフォに通話が入った。
「|美優(みゆ)! そう、いきなり暇になっちゃったの」
『亜夢んとこに行くよ。私まだ用事あるけど、付き合ってよ』
 亜夢が「付き合うよ」と言うと、通話が切れた。
 しばらくすると、美優がホテルのロビーにやってきた。
「亜夢!」
 突き出した両手をくるくると振りながら、美優は走り寄ってくる。
「美優、良かったよ、早く会えるなんて思ってなかったから」
「ちょっと習い事があるから、それが終わるまで待ってて」
「うん」
「向こうの通りの先にあるから、一緒に行こう」
「習い事って、私そこ入ってもいいの?」
「見学ですって言えばいいよ。見学の子、割といるもん」
「へぇ」
「ほら、早く!」
 ニコニコしながら亜夢の手を引っ張る美優。
 亜夢も顔がほころんでいる。
 大きな通りを超えて、小さなブティックやら、大型のスポーツ用品店を過ぎると、角のビルを美優が指さした。
「あそこだよ」
 一階を見ると明るい色の派手な服が見えた。
 美優についてビルに入っていくと、外から見えたのは、水着やらレオタード、バレエのチュチュだった。
「かわいい」
「どれどれ? あ~ ちっちゃい子の服ってサイズだけかわいいよね。亜夢が着るとしたらどれがいいの?」
「えっ、こんな体の線がでるやつ、私の体じゃ、着れないよ……」
 美優は頭に手を当てて、亜夢との背を比べた。
 そのつぎに、腰のあたりをぎゅっと触ってきた。
「なっ……」
 ためらいもなく胸を触ってくる。
「えっ、なに? なに? 美優!?」
 美優は自分自身の胸を触っている。
「う~ん。私と大して変わらないじゃん。あ、そうだ! いいこと考えた。どうせ見学するなら、さ」
 美優が亜夢に何か話かけている。
 亜夢は困ったような顔をしたが、うなずいた。
 二人はそのビルの上の方のフロアに上がる。
 亜夢が下の通りを歩いている人が小さく見えた。
「本当に私もやるの?」
「張り切って着替えておいて、今更何言ってるのよ。先生にもいっちゃったもん」
「だって、私やったことないもん」
「みんな初めてやるときはやったことないの。私もそうだったから、心配ないよ」
 美優と亜夢が並んで立っていると、他の生徒がじろじろと亜夢に視線を向ける。
「なんでこっち見てくるのかな」
 小さい声で美優にきく。
「そりゃ、知らない人がくれば見るでしょう? 気にしなくていいわ」
 パンパン、と手を叩く音がして、そちらを振り向くと、先生が真ん中に立っていた。
 全員が整列して、頭を下げる。
「じゃあ、今日は二人組になってストレッチ、ストレッチが終わったら柔軟を始めてください」
 美優が亜夢の手をとって、手、足のストレッチを教える。
「痛たたた……」
「大丈夫、ちゃんと伸びてるよ」
 しばらく全員でストレッチをし、柔軟体操をした後、バーレッスンになった。
「乱橋さんでしたかしら」
「はい」
「乱橋さんは、まず皆さんがやるのを見て、出来そうだったらまねてやってみてください」
 生徒の人は皆、バーにつかまり足を跳ね上げる。