「……誰か〈扉〉の支配者の協力者と一緒、ということか」
「そう」
 軽薄な父だが、世の中に災厄をもたらそうとはしないだろう。そこまで腐った人物ではないと信じている。
「そうだな。白井、俺のスマフォで砂倉署を呼び出してくれ」
 私は鬼塚のスマフォで電話を掛ける。そして、耳元にもっていく。
「……そうだ。携帯電話会社の百葉支店。それと、電波中継塔。周辺の警戒をしてくれ。白井先生か、不審な人物がいたら知らせてくれ」
 通話が切れた音がする。私は画面をタップして終わらせる。
「間に合うといいんだが」
 高速道路の出口表示に進むと、料金所までの急なカーブで体が鬼塚の方に傾く。
 車体は道路に張り付いたようにほとんど傾かない。
「ウッ……」
「悪いな」
「けど、いそがないといけないんだから」
 ETCを通過すると、車もまばらなバイパスを細かく車線変更しながら追い抜く。
「サイレン鳴らせば済む話じゃないの?」
「ああ、そうか」
 鬼塚は運転席と助手席の間にあるグローブボックスを開けて指さす。
「スイッチいれて屋根に載せて。落とすなよ」
 そう言っている間に、左右に激しく車体を曲げる。
「ちょっと!」
「付けるまで待つ」
 回転灯を付け、私はマイクを鬼塚の口にあてる。
『緊急車両が通過します。前方の車はすみやかに走行車線に寄りなさい』
 あっという間に追い越し車線が開くと、鬼塚がアクセルを踏み込む。
 車内はエンジン音で会話ができないほどになる。
 お願い…… 間に合って。
 バイパスが終わると、がらんとした街中を走行した。
 携帯会社のビルよりいくつか手前に警察車両が止まっていて、警官があたりを見ていた。
 鬼塚は車を止めて状況を聞き出す。
「不審者はいたか?」
「まだ中は調べられていません。ビルの警備会社を呼び出しているところです」
「そうか」
 車のパトカーの前に止め、鬼塚は私にも降りるように指示した。
 ビルを見上げながら近づいていくと、ビルの前で警備会社のマークを付けた男が警官と一緒に鍵を開けて入るところだった。
「……鬼塚刑事」
「ビルの図面は?」
「警備会社さんがお持ちです」
 鬼塚は警備会社の人が見せたスマフォ画面を自身のスマフォで写真に撮った。
「あっ、こまります」
「捜査が終われば消すから問題ない。それよりマスターキーは借りれないの?」
「貸せません」
「じゃ、警備会社さんは、終わりまで付き合ってもらうぞ」
「……」
 その人が困った顔をしているのを見て、私は少し笑ってしまった。
 屋上への行くため、エレベータフロアへ行き、エレベータで屋上一つ下まで向かう。
 階段を上がり、屋上への鍵を開けてもらう。
「この後、鍵が必要な個所は?」
 警備会社の者は、スマフォの図面を開いて確かめる。
「ないです」
「じゃあ、警備会社の人と君はここで待っていてくれ。俺と白井で電波塔を見てくる」
 二人で屋上に出て、電波塔を見上げる。
 誰も入っている様子はない。
 真下に着くと、電波塔の周りは金網で囲われており、入る扉には南京錠がかかっていた。
「さっきこれ以上鍵はないって言ったのに」
「……警備会社が預かっている鍵はないってことだ。ここは渡さないだろうよ」
 鬼塚は死角に誰かいないか体を動かし塔を見上げている。
 金網の扉もガシャガシャと押し引きして開いていないことを確認する。
「もう一つの電波中継塔の方に連絡してみる」