「そんな」
 私は混乱した。
「鬼塚刑事、公子。もう考えている暇はない。はやく行こう。ゲートの近くなら〈扉〉は開く。ゲートの大きな〈扉〉が開くには時間がかかるが、小さい〈扉〉なら早く開く。先に対抗手段を手に入れれば、巨大な〈転送者〉だって怖くない」
 私はうなずいたが、鬼塚は冷たい目で父を見下ろしていた。
「で、その対抗手段とはなんだ? 〈扉〉の向こうからしか手に入らないのか?」
「対抗手段はコアだよ。〈転送者〉のコア。公子がそれを使って〈転送者〉と同じ力を手にいれる」
 右手を胸に置いて言う。
「私が?」
「そうだ、お前だ。お前のテレパシーでコアを操る」
「何も想像できないわ」
「俺は?」
「鬼塚さん、あなたは男だ。守るものが多すぎる。〈扉〉の支配者たちのデータを覗き見る限り、男はコアを操れない」
「訳がわからない!」
 私は叫んだ。屋上の入り口に待機していた警官が、少し扉を開けてこちらを覗いた。
「公子。私は〈鳥の巣〉での実験で何度か〈扉〉の向こうへ行った。そして向こうの端末を手に入れ、〈転送者〉の仕組みを知った」
 私はにわかに信じられず、鬼塚の様子を見たが、鬼塚も同じような表情だった。
「私以外にも〈扉〉の向こうに行き、未知の科学を調べるものがいる。その集団に改造されたのが…… 鬼塚刑事やお前だ」
「えっ、どういうこと……」
 私と鬼塚は顔を見合わせた。
「君たちの力は〈転送者〉と同じ。〈扉〉の向こうのテクノロジーを利用したものなのさ」
「そんな!」
 私は驚きで立っていられなかった。
 〈扉〉の支配者が言ったことを思い出していた。
『我々はお前の力を知りたい』
 まさか、試している。私の体を使って、自分たちの技術の力を試しているのか?
 父は立ち上がった。
「行こう。ここで話していては間に合わない。続きは移動しながら話そう」
 鬼塚が私を引っ張り上げ、急いで建物を降りた。
 鬼塚の車にのって〈鳥の巣〉のゲートへ向かった。
 父は手を縛られて後部座席に座っていた。
 私は鬼塚の後ろに座った。
 サイレンを鳴らしながら、一般道を走っていく。
「信じてもらえないのかな?」
「信じてるさ。だが、あんたはウエスト・データセンターからは逃げるように去っていった。俺たち一言も言わずに」
「それより、その先の話よ。〈転送者〉の力を利用するって」
 父は背もたれに体をあずけ、外を見ながら言う。
「たぶん、君たちは見ているはずだ」
「いつ、どこで? 言い方がまどろっこしいのよ」
「私は〈扉〉の支配者側のデータを見ている。君たちはセントラル・データセンターで対決したはずだ。セントラル・データセンターで連れ去られた女性を取り込もうとしていた〈転送者〉のことだ」
「見たわ。あれがどうしたの?」
 縛られた手で何かを表現しようとしていたが、父はあきらめて膝の上に置いた。
「あれはまだいろいろと足りないらしいが、やり方はあのようなことだ。コアが素材を取り込み、素材の力を借りた形をつくる。そしてもう一人、パイロットがいる」
「?」
 もどかしそうにまた手をバタバタさせる。
「あの時の〈転送者〉は明らかに失敗だった。連れ去った女性の取り込みも不十分だったし、パイロットになるべき生体もいなかった。だが、もうあのシステムは完成している。パイロットは君たちのようなテレパシーを使い、パイロットの一番失いたくない存在がコアに取り込まれる」