「なにしやがんだ……」
「無警戒すぎるんだよなぁ…… 相手は超能力者なんだぜ」
 ロン毛は頭に手をあててそう言って、今度は亜夢を睨みつけた。
「けど、仇はとってやるよ」
 亜夢の動きが止められている状態では、このロン毛に勝つ術はなかった。
 今度こそフィニッシュブローを打ってくるだろう。
「美優、亜夢を放して!」
 アキナが叫んで美優に近づこうとすると、バットを振り込んでくる。アキナは寸前で立ち止まり、それを避ける。
「なんでこんな時に|超能力(ちから)を上手く使えないんだろう」
 とアキナはつぶやく。
 次の瞬間、アキナの視界の端を人影が走った。
「奈々!」
「行かせねぇ」
 と、奈々をバットの男が追う。
 一方、ロン毛が踏み込んで左をボディに打ち込むように構えた。
 絶対にフェイントと思われたが、亜夢は二回受けたボディの恐怖を克服できない。
 超能力を使ってボディへの防御を集中させた時、顔にロン毛の右ストレートが見える。
「捕まえたぞ!」
 バット男の腕が、走る奈々の腕を捉えた。
 腕をとられバランスを崩した奈々は頭から倒れていく。
「美優…… 気づいて……」
 奈々の伸ばした指が、かすかに美優に触れる。
「!」
 鈍い音がした。
 ロン毛の腕は一直線に亜夢の頭へ伸びていた。
 ひざから崩れ落ちるように後ろに倒れる。
 しかし、それは亜夢ではない。奈々に触れられた、美優だった。アキナは何があったか分からなかった。
「奈々、美優になにしたの」
 亜夢の腕は、顔の目の前で十字に交差しロン毛の拳を止めていた。
「反撃させてもらうわ」
 ロン毛の口元が引きつったようにみえた。
 そのまま亜夢が腕を伸ばしてロン毛の頭を押さえると、飛び上がって、膝で顔を捉える。
 膝が直接触れないよう、超能力で空気の層を入れて。
 右、続けて、左。
 亜夢はつかまえていたロン毛の頭を放して着地する。
 ロン毛は足がもつれたようになり、ぐるり、と後ろを向いてから、倒れる。
「おい。こいつがどうなってもいいのか」
 バットの男は、奈々の腕をねじりあげ、片手のバットを振りかざしていた。
「どうする気」
「俺の方に来い。こいつでぶん殴ってやる。超能力を使うようなら、この女の腕をこのまま……」
 亜夢の視界にアキナが入ってきた。
 高くジャンプして、ひねりながら回転しそのまま|踵(かかと)を男の頭に落とした。
「……」
 バットが手から落ち、頭を抱えた。奈々は走って亜夢のところにやってくる。
「アキナ、ありがとう」
 亜夢がそう言うと、アキナは手のひらをバットの男の背中に、ドン、と押し付けた。
 男はそのまま突っ伏すように倒れてしまった。
「これでよし」
「く、くらぇ!」
 ぱぁっ、と土埃が舞う。
 亜夢も奈々もその埃の中に立っていた。
「やっと引っかかったか!」
 しかし、埃は静止している。二人は目を見開いたまま、さらしを巻いた男を睨みつけていた。
「なんどやっても分からないのね」