美優を|精神制御(マインドコントロール)するヤツの姿を見ている。亜夢はそう確信した。
「奈々、そいつが見えたら近づかないで」
「けど、助けないと美優が可哀そう」
「……」
 急に亜夢は首を掴まれた。
「や、ヤバい。い、息が……」
 亜夢は美優と唇を重ねていた。
 美優の耳を引っ張って亜夢が言う。
「こら。何をする」
 美優はにっこりと笑う。
「感謝の気持ちを体で示しただけだよ」
「ほお。感謝するなら、こっちの奈々に感謝しな」
 亜夢は立ち上がって、奈々を美優に突き出す。
「えっ?」
「ありがと、奈々♡」
 亜夢の足元で女子同士の濃厚なキスがかわされていた。
「連中が起き上がる前に寮に帰ろう」
「はぁい」
 美優と奈々が立ち上がり、空き地を出ていく。亜夢の後に、アキナが出てきて袖を引く。
「どうしたのアキナ?」
「亜夢に感謝の気持ちを体で伝えたい」 
「キスならゴメン」
 亜夢が手を合わせて頭を下げた。
「えっ……」
 それきり、寮に戻るまでアキナはずっとうつむいていた。 



 亜夢、美優、奈々、アキナの四人は、汽車に乗っていた。汽車と言っても、蒸気機関車ではなかった。長距離を移動する列車のことだ。
「トランプ飽きた」
 と美優が言って、手札を膝の上に置いた。
「後、どれくらいかかるの?」
 美優はスマフォで確認する。
「おっ、後一時間を切ったよ」
「え~~」
 美優の絶望的なその声を聞いても奈々は笑顔だった。
「じゃあ、美優、おせんべ食べる?」
「おせんべ糖質でしょ」
「豆もあるよ」
「甘いからおなじよ」
 亜夢は真剣にアキナの手札から一枚を選んでいた。
「……」
 決意したように左から二番目を、勢いよく引き抜く。
 アキナが、ニヤリ、と笑う。
 引き抜いたトランプを持つ手が震えている。
「な、なんで戻ってくるの、あんた……」
 可愛らしい絵柄のジョーカーがそこにあった。
 美優が呆れたように言う。
「こんなにババ抜きやったの初めてだよ」
「わ、私も、こんな屈辱初めてだよ」
 アキナが勝ち誇ったように言う。
「亜夢がこんなにババ抜き弱いとはな。もっと早く知っておけば良かった」