「(テレパシーで言っていることと、口でしゃべれることが違うから、亜夢がハツエが少女の体を|精神制御(マインドコントロール)しているんじゃないかと疑っているみたいだ)」
 ハツエは言った。
「亜夢ちゃん、そこの藪草を刈ってみて」
 亜夢は手をかざすと、言われた通り藪草を払った。
「う~んと、手で、こうやって」
 ハツエは左手で草を引っ張り、右手を刀のようにして刈る仕草をする。
 亜夢は藪草に近づくと、左手で束ねて持ち、右手を一閃した。
 そこからばっさりと草が切れて、亜夢は藪草を放り投げた。
『そのままじゃ』
 亜夢の手の、小指側の側面が、金属のように変質していた。
「?」
 アキナが美優と奈々の為に、ハツエの言ったことを同時に口にすることにした。
 アキナが説明し終わり、全員が理解したところでハツエが話を進めた。
『儂が小さくなったのは、この亜夢が見せた肉体を変質させた力と同じ』
「けど、若返ることなんてできないわ」
『これは若返っているのではないわい。肉体の密度を変え、形を変えただけじゃ。結果、子供に見えるがの』
「どういう意味?」
『老化するとどうなるか知っているか? 肌は皺だらけ、胸の脂肪は削ぎ落ちる。骨ですら中がスカスカになってくる』
 ハツエは声をだしていないが、アキナの声に合わせてパクパクするので、しゃべっているかのように見える。
『非科学的潜在力を使うにあたって、それは非常に都合が悪かったんじゃな。例えば風を起こして体を飛ばすにしても、骨や筋力が耐えられないからじゃ』
「で?」
『どうしても|非科学的潜在力(ちょうのうりょく)を使わねばならん時に、こうやって体の密度を変え、自分のチカラにたえれるようにしとったんじゃが。ある時、長期間この体形をつづけた時後、元の体を忘れてしまっての。体を元にもどせなくなったんじゃ』
「長時間…… って、始めから忘れる気満々だったんじゃない?」
 亜夢はさっきまで金属のようだった自分の手を見つめた。
 確かに、元々の体のイメージが頭からなくなったら、この手も元に戻せないだろう。
『やんどころない事情が続いて、まあ、一か月はこの姿をしてたかのぅ』
「そんなに…… なにがあったんです?」
『超能力者の独立運動があったのは知っとるかの?』
 美優が手を上げる。
「あっ、知っています。二年くらい前でしたっけ」
『独立運動の一番激しい時、儂は運動の犠牲者を救う為に戦った』
「独立側として、ですか」
『いや、どちらでもない。運動の犠牲者となってしまう弱気者の為じゃ。つよい超能力者や、強力な兵器から子供や動けない人々を助ける仕事をしておった』
「子供の姿をしているのは分かったとして、なぜ子供が難しいことをしゃべれないの? 体が考えているんでしょう?」
『理由は儂もわかってないんじゃ。この子供の体でも、過去の記憶は思い出せる。じゃが、いざ話す時には、体の影響をうけているんじゃ。心と体は別物のようでありながら、別物ではない部分があるということかの』
「よくわかりません」
『体側から脳をアクセスするのに、体側が使いこなせる範囲までしか使いこなせない、という表現でわかるかの。|思念波(テレパシー)なら体の制限を受けずにすべてにアクセスできるんじゃが』
 また美優が手を上げた。
「あ、なんとなくわかりました」
「おねえちゃんが一番頭いいのね」
「そんなことないと思うけど。ありがとハツエちゃん」
 ハツエはニコニコっと笑った。
「これでいい? じゃ、みんなハツエのおうちに行こう」
「はい」
 亜夢も奈々も笑顔でそう答え、歩きだした。
 アキナは黙って立って考えていたが、「まあいいいか」と独り言を言うと、先に行ってしまった四人を追いかけた。