二階、三階…… 各階の〈転送者〉はまるで見物をしているかのようにこちらを見下ろしている。
 まさか、飛び上がれないように上のフロアで牽制している? そう思った私は翼を使わず、足の爪だけを出して迎え撃つ。
 女の子も下半身を馬にしたまま、奥でこっちを見ている。
 私がこのE体と、どう戦うのか観察しようというのだろうか。
 首なしのE体、いつものEの字を横に倒したような大きな腕と貧弱な足をもっていたが、動きは以前より素早く、いつもよりクレバーだった。
「なんなの、こいつ」
 翼を使わずに、足の力だけでコアを抜こうとするが、動きと巧みな腕の使い方で簡単には仕留められそうにない。
 苦戦する私をみて、下半身が馬の女の子が言う。
「いつもの〈転送者〉とは勝手が違うでしょ」
 そう言って、笑いだした。
「いつもの〈転送者〉と違う、のね?」
 それさえわかれば十分だ。
「どう違うかは自分で考えることね」
 違う、かどうかを言った時点で、悪党としては二流だ。
 いつもと違うのなら、いつものようには倒せないということ。手の内を隠して戦えないということだ。
 私は翼を広げた。
「なら、こっちも全力で戦うだけよ」
 羽ばたきながら、各階の〈転送者〉の様子も確認する。
 フロアの縁に来ているが、手助けをしよう、という感じではない。本当に観察しているような感じだ。
「見られてようが、作戦を立てようが、最後は力が上回っている方が勝つ」
 私はそう言って、1Fの〈転送者〉目がけて降下した。
 片腕で叩き落とそうとし、片腕がコアの防御として〈転送者〉の体をブロックしている。
 叩き落とそうとする腕を回避して、コアを抜こうとしていた私は、ブロックしている腕に気付いて慌てて上昇する。
「そう。いつものイケイケの単細胞じゃないってことね」
 確かに攻撃と防御のバランスが違う。
 感じる違和感はそれだけではないようなのだが……
「防御をしたからって、攻めなきゃ勝てないよ」
 わざと低空を旋回し、〈転送者〉に攻撃させた。ブロックしている腕の側を飛ぶと、ブロックを解除してこちらを叩きにくる。けれど、逆側の腕がコア付近をブロックする。
「それなら……」
 素早く旋回して、〈転送者〉の背後を取ることにした。初めのうちは素早く腕を使って体を回していたが、こっちが上下方向と旋回方向を急転換させると、動きについてこれなくなった。
 そして、後ろを取った。
「こっちからならコアを抜ける!」
 完全に背後から胸のコアを抜いたはずだった。
 そこに〈転送者〉の体はなかった。
「なにっ!?」
 フロアの床を私の爪が捉えた瞬間、頭上に跳ね上がっている〈転送者〉の体に気付いた。
 腕を振り下ろして、反動で体を振り上げたのだ。
 それは単に防御の為だけではなかった。動けない私をめがけ〈転送者〉の体が落下を始めていた。
「押しつぶす気?」
 コアを抜くつもりで全速力でフロアに足を突いた私は、反応が出来ないまま〈転送者〉の影の下にいた。
「お願い、私の足! 動いて!」
 間に合わない。私は翼の力で、床に倒れるようにして転がる。
 ガッっと、〈転送者〉の体が叩きつけられる。
 あの真下にいたら……