美優は怖くて手腕をちぢ込めてしまって、腕で寄せられた胸が、水着の胸元を押し広げてしまう。まるで、意思を持って進んでいるかのように、ヤドカリは、その隙間へ進み入る。
「いやぁ! どこはいるのよ、奈々、取って取って」  
『ぶぅぅぅぅぅっ!』
「?」
 奈々は何者かの声を聴いた気がして、美優にまたがったままあちこちを見回す。
「奈々、早く早く!」
「今誰かの声というか、視線というか……」
「ヤドカリが、痛いから、取って」
 奈々は見えない気配を無視して、美優の水着に手を入れる。
「やっ……」
『おおっ』
「あれ?」
「あん……」
『おおおおっ!』
「これ?」
「違う!!」
『ああっ!』
「いたいた…… ちょっと待って」
 奈々はヤドカリを捕まえて、慎重に水着の中から取り出す。
 そして、何を思ったのか、ヤドカリをしげしげと眺めた後、大声を浴びせかけた。
「こら! ノゾキをするな!」
『!』
 そして寄せる波に、そっとヤドカリを戻した。
 立ち上がって美優は水着を整えながら言う。
「奈々、急にどうしたの? ヤドカリにそんなこと言ったって無駄でしょ」
「いや、なんとなく……」
 奈々はヤドカリを返した海を見つめている。



『なかなか勘の鋭い子じゃの』
 金髪のハツエが振り返って言った。
 亜夢の目尻は下がりきっていた。
『ええ、堪能しました……』
 そう言っている口元がだらしなくなっている。
『何をいっておるのじゃ? あの奈々という子の話をしておるんじゃ』
 亜夢は緩んでいる顔を手で押さえて戻そうとしている。
『ヤドカリを通して見ているのに気づかれたってことですか?』 
 ハツエは顎に手を当てた。
『そうじゃ。おぬしのヤドカリの視覚を借りる技が未熟だったとは言え、二人ともうっすら気づいておった。非科学的潜在力を使う素質は十分にあるの』
『美優も、ですか』
『ああ、奈々のようにではなく、ほんのすこし疑った程度じゃったが』
『……』
『おぬしもげんきがでたようじゃから、ちょっとここから出ようかの』
 大きくてツルツルした岩に腰掛けている亜夢。その正面に金髪のハツエが立っていて、ハツエが亜夢の両頬を手でなでていた。
「気がついた? おねえちゃん」
 目の前にいるハツエに驚き、体を少し引いてしまう。
 亜夢はハツエの手をどけると言った。
「今のは、夢?」
『さっきいったろう。おぬしの思考のなかじゃと』
「そうでした」
『三キロ程先のヤドカリの視覚を借りたのも真実のおぬしのちからじゃ』
「わたし、今までこんなことしたことなかったのに……」
『おぬしが自分自身のこころの中にリミッターを設けているだけじゃ。元々あれくらいのことはできたのじゃぞ』