「頭じゃない、本当に顔、なの?」
 手で顔を覆うのはフェイクじゃないのか、と疑念を抱きつつも今度は顔をめがけて全速で飛行した。
 目を覆うと見えなくなってしまうせいか、美琴は額のあたりに手をやり、もう一方の手で私を叩き落とそうとしてくる。
「いや、ひたいそのものにコアがある?」
「コロス」
 美琴は額を覆っていた手も使って、私を潰しにきた。
 鼻の先端を狙っていた私は、その様子を見て上昇し、額をめがけて速度を増した。
 その飛び先変更がフェイントになったのか、美琴の手が追いつかない。
 がら空きになった額に私の爪が突き刺さる……
「シネ」
 額の皮が歪み、小さい点が現れたか、と思うとそれは急速に成長して鋭い角へ変わった。
「しまった! ユニコーンだったのか……」
 美琴のそのとがった円錐は、勢いよくひたい飛んでいる私を的確にその中心でとらえていた。
「曲がれぇぇぇ!」
 翼を全力で動かして、向きを変える。
 後、数センチの差で円錐の先端をかわす。
 しかし、角が擦れ、触れた部分が焼けるように熱い。
 その時、美琴の顔の異変に気付いた。
 黒目がなくなって、瞳に別の輝きが映っていた。
「!」
 あれがコアだ……
 角を蹴って、その目を狙ってつま先の爪を突き立てた。
 ざっくりとえぐったところから、体液が噴出してくる。
 私は突き刺した瞳から、反対側に動く球体を確認した。
「逃がさない!」
 動く球体を狙って両足を突き立てる。
 美琴の眉間に私が完全に突き刺さった格好だ。
「グォッ……」
 皮膚のしたでコアが割れるのを感じた。四つ足を投げ出して、大きな体がホールに叩きつけられる。
 遅れて頭がホールの床へ……
 何度も何度も翼を動かし、叩きつけられる寸前に眉間から抜け出した。
 勢い余って私は三階エリアに突っ込んでしまう。
「うわっ……」
 崩れ落ちたコンクリートや壊れた机にぶつかりながら、三階エリアの中で私は止まった。
 体についた埃を払いながら立ち上がり、フロアの端へ歩いていく。
 端から、おそるおそるホールの床をのぞき込む。
 角の生えた上体は人間、下半身が馬、というユニコーンキメラ……
 美琴は某システムダウンの時に死んでいた。
 このホールにいた、美琴そっくりの女の子は…… 〈扉〉の支配者が差し向けた刺客に過ぎない。
 パチッと、電荷がはぜる音がすると、巨体が黒く小さく分割され、さらに分割されていく。
 最後は黒い霧のようになって、ホールの床を漂い始めた。
 やがて霧すらも分解されて、周囲から消えていく。
 コアのあった眉間付近はいつまでも霧が消えなかったが、それすらも消え、ホールから完全になくなった。
 私は大きく息を吐き、のぞき込むために手をついていた壁に向き直り、背中をつけて床にお尻をついた。
「勝った」
 だから?
 勝ったけど、どうする?
 立ち上がり、振り返って床下をのぞき込む。
 何もない。
 その壁を乗り越えてホールへ落下する。
 落ちる直前に、翼を開いて床に降り立つと、私は手を合わせ、まぶたを閉じた。
 祈りの時間を過ごすと、目を開けて右のゴムを取り、左のゴムをはずした。
 そして手で髪を後ろにはらう。
「ツインテールはもうお終い」
 そして私の髪を、どこからか風が通り抜けていった。


 終わり