「リミッター?」
『限界、というべきだったかな。ここまでしかできない、とか、もうダメだ、とかすぐに思わんようにせんと』
 亜夢は目の前で腰に手を当て、胸を張ってそう言い切る少女に頭を下げた。
「わかりました。頑張ります」
 亜夢とハツエは山を降りる訓練を再開する。
 転びそうになったり、幹や岩にぶつかる、と強い恐怖を持った時こそ、持てる|非科学的潜在力(ちから)を出し切るべきだ、と何度も心に呼びかけた。
 亜夢は次第にハツエのスピードに食らいつけるようになってきた。
 激しく呼吸をしながら、亜夢が言う。
「早くなったでしょうか?」
「はやくなったよ」
 ハツエが声に出してそう言った。
『転んだり、危険な場面できっちり超能力がつかえている。亜夢にとってはそこが進歩じゃな』
「はい」
 金髪少女が、後ろで手を合わせ、亜夢に近づいてくる。
「なに? ハツエちゃん」
「おねえちゃん、それじゃあ、もっとこわいところに行ってみる?」
 その言葉を聞くと、とたんに亜夢は体中に鳥肌がたった。
「い…… え……」
 ハツエがまっすぐ腕を上げ、一直線に指を伸ばした。
 その先には、岩がいくつかあって、穴が開いていた。周囲の木々は枯れていて、草も生えていない。何か、周囲に悪い空気が漂っているようにも見える。
「行ってみてきて」
「あの、怖いからいきません」
「ね。行ってきてみてよ」
 ハツエの青い瞳を見ていると、|精神制御(マインドコントロール)されたかように、足が勝手に動き出した。
『みてみるがよい。これはテストじゃ』
 ハツエを振り返り、亜夢はゆっくりうなずく。
 そして岩の間を抜け、その穴へと入っていく。
 空気が悪いというか、何かよどんでいて、生臭かった。黒く霧がかかったようにモノがまともに見えない。
 亜夢は気持ちを広げて、目だけではなく、耳や体に伝わる感覚を使いながら、周囲全体を感じることで、見えない部分を補った。
 歩み入っていくと、虫も生き物もいない、と思われた洞窟内に殺気を感じる。
「誰?」
 声が響く、と思われたが意に反して声は吸い込まれるようにかき消されていく。
 亜夢はもっと大きい声で言った。
「誰かいるの?」
 ゴウゴウ、と風の吹くような音だけが穴の奥から聞こえてくる。
 正面の闇の濃淡が、ゆらっと動いた。
「!」
 一瞬、指先が見え、そこから|雷(いかずち)が放たれた。
 都心で見たビデオの映像と同じ…… 
 亜夢は手で払うようにして、雷を地面に誘導する。
 雷の光で、相手の顔が一瞬見えた。
「美優?」
 再び白い指先だけが見えると、雷が放たれた。
 素早くその雷をいなしながら、間合いを詰める。
 手首を取って、雷を頭上へ向かわせる。
 パッと洞窟全体が明るくなって、亜夢は雷を放つ相手の顔をはっきりと見た。
「私?」
 鏡でみる自分の顔が、ニヤリ、と笑った。
「うわぁぁぁぁ!」
 亜夢が拳を突き出すと、避けることもなく顔面に当たる。雷を放つ偽物の亜夢は、まるで砂で作った城のように砕け散った。