胸のあたりの服は破け、片胸は肉もそげ、骨まで見えている。生きている人間であれば、到底、動くことは出来ない。
 その時、また、ギィ、と音がして、バシャーンとバネがはじけた。そして、また頭をぶつけた音がする。どこかのラックからもう一体出てきたのだ。
「えっと……」
 俺はGLPの竜頭をクルクルと回し、この前の『助逃壁』を選択した。そして竜頭を強く押し込む。
 腕時計型のGLPから投影されるように光の壁が出ていく。光の壁は死体のようなその人影にぶつかる。
「えっ?」
 壁の向こう側に、何らかの霊体が取り出され、目の前に残ったものは崩れ去ると思っていた。あるいは、目の前の死体がなくなり、光の壁の向こうに閉じ込められてしまう、それが俺の描いた結果だった。
「なんともないの?」
 そのカビ臭いであろう死体のような人影は、俺の問いかけにゆっくりと首を傾げた。
「え? 聞こえるの? 耳ないのに……」
 すると、死体は両手を上にあげた。
「がぁ~~」
 耳がない、ということで怒ったようだった。さすがにこの死体に襲われたら病気に掛かるどころでは済みそうにない。俺は反対方向に走って逃げた。
「えっ……」
 別の列からも、一体、そして今もバネがバシャーンとはじける音がして、ラックの扉が開く音がする。
「ゾンビ…… ゾンビの群れ」
 背筋に冷たいものが走るのを感じた。恐怖。もしかすると、このGLPの機能ではどうしようもないのかも、ということが頭をよぎる。東洋のものと西洋のもの、という決定的な違い。ということは、下手をすれば冴島さんも対応ができないかもしれない……
「と、とにかく電話してみよう」
 俺はサーバールームを端まで走り、出口のカードリーダーに入館証をかざした。
『ピッ、ピーピピピピ』
「えっ?」
 カードリーダーは非情にも赤いLEDを光らせ、俺の退室を拒んだ。
「どういうことだよ!」
 俺は監視カメラに向かって叫んだ。
「出してくれ! ゾンビが出たんだ!」
 もし俺の様子をみて、おかしいと思えば先輩が解錠してくれるだろう。解錠して扉を締めればゾンビはカードがないから外へは出れない。
「先輩! 開けてくれ!」
 監視カメラは音声を記録していないのは十分承知の上だった。とにかく目立って、先輩に気付いてもらわないといけない。カメラに向かって飛び跳ねる。死体が動き出している。サーバーラックから死体が出てきたんだ!
 飛び跳ねながらも、なんどかカードリーダーに入館証をかざしてみる。無常にも音は同じ。
 一番近いサーバーラックの列から出てきた動く死体が、俺を見つけて近づいてくる。
「開けてくれ……」
 暗すぎて分からないんだ、やっと気が付いた。俺はスマフォを取り出してLEDを点けた。カメラに映るように周囲を映すと、手を振った。
「開けてくれ! 先輩開けて」
 飛び跳ねながら俺は監視カメラをみていると、カメラについている監視中を示す赤いランプがフッと消えた。
「えっ……」
 みると、カードリーダーの電源LEDも消えている。
「そうか」
 俺は扉の取っ手をひねった。電源が来ていなければ、鍵があいているのではないかと思ったのだ。
「あかないの?」