俺は左手で影をつまもうとするが、その影は全く手ごたえがない。
「う~~」
 目を凝らして、なんどかチャレンジすると、その影を掴むことが出来た。
『イタイイタイ…… はなせよ、はなせ』
「ねぇ、何やってるの影山くん逃げようよ」
 中島さんは俺の背中の方に回り込んで服を引っ張っている。
「大丈夫ですよ。この霊、痛がってる」 
 腕からはがし終えると、つまんだ黒い影を林の方へ放り投げた。
『おぼえてろよ』
 黒い影はぶるっと震えたように見えた。そして、スッと上昇して消えて行った。
「なに?」
 中島さんが聞くので、俺は答えた。
「おぼえてろって、言ってました」
 それを聞いて、中島さんは急に俺の背中をひっぱった。
「ちょっとまって、何か言ってたの?」
「ずっとしゃべってたじゃないですか?」
「霊の言葉がわかるの? さっきの黒い霊は影山くんの親族や知りあい、じゃないよね」
 冗談だと思って、俺は笑った。
「まさか。霊に知り合いがいるわけないじゃないですか」
 中島さんは手を振る。
「違う違う。親族や知り合いじゃない霊の言葉がわかるんだとしたら……」
「えっ? もしかして普通はあれ、聞こえないんですか?」
 俺の袖を引っ張る中島さんの手が震えた。
「君、ちょっとヤバいかも」
「どういうことですか?」
「それは私もわからないけど……」
 俺はGLPを付けると、林の先に気配を感じた。さっき黒い影が逃げて行った方向だった。
『おら、今度はさっきみたいにはいかないぞ』
 木の幹から、スッと黒い影が現れた。
「えっ、また出た」
『若造じゃねぇか、こんなのにつままれたのか』
 屋敷側に生えている低木の陰から、透明な空気のゆがみのようなものが現れた。
『いや、まてまて、なんかこいつ見覚えが……』
 最初の黒い影の横に、かすかな炎の球が現れた。
 中島さんがそれに気づいた。
「ひ、ひの玉…… に、逃げよう。やっぱりはいっちゃ行けなかったんだよ」
「見覚えって、俺のこと知ってるのか?」
 俺が言うと、火の玉は木の幹に隠れた。
『ビビるなって。束になって襲えば』
『俺たちの』
『勝利だ』
『時計は俺のモンだ』
 あっという間に多数の黒い影現れ、周りを囲まれた。
 さっきの霊はなんとかつまんで投げることが出来たが、この数から、自分と中島さんを守れるとは思えない。
 周りを見回して、一番数が少ない方向を探す。
「(逃げますよ)」
 中島さんに小さい声で囁く。
 小さく中島さんがうなずく。
「(あっち!)」