「……遠慮しとく」
 中島さんはスマフォを操作して、急に呼び出し音が聞こえてきた。
「誰にかけ……」
 口の前に指をあてた。
「しっ」
 中島さんがスマフォを耳に当てた。
「中島です…… 入ってみたんです…… 霊が大量で…… けど、結局、彼は何も思い出していないんです…… 今、彼の家に避難してます…… 大丈夫ですよ。間違いなんか起こしませんから…… えっ、あの…… 来ない方がいいと思いますよ。めっちゃ狭い…… だから、大丈夫。あっ、切れた」
「なんです、その会話」
「所長がここくるって」
「えっ、入れないですよ」
 俺は周りを見回した。縦に座れるが、座れるというだけだ。何しに来るというのだ。
「そう言ったんだけどね」
 コンコン、と扉を叩かれた。
「えっ、もう来たんですか?」
「そんなワケないでしょ」
 そう言って中島さんは笑った。俺は立ち上がって玄関へ移動した。
 扉の外に、屋敷から流れてきた霊がいるかもしれない。俺は覗いて扉の外を確認した。
 扉の外には、小柄な女性が立っている。
 つやのある真っ赤な口紅。
 見たことがあるような、ないような…… えっと…… 美紅さん。
「影山くん?」
 中島さんから呼びかけられる。
「……」
 俺はもう一度のぞき込む。そうだ。髪が長くて、雰囲気も違う。
 美紅さんじゃない。俺はそう思った。
 見ていると、扉の前の女性は扉を叩いてきた。
「あの…… お願いです。お願いです。開けてください」
 声も、俺の知っている美紅さんよりワントーン低い。やはり別人だ、と俺は思った。
 つまり…… 怪しい。
 あからさまに怪しい。
 さっきまで、そんな焦っている感じもなかった。
 俺は中島さんの方を振り返った。
「……」
 中島さんは無言で首を振った。つまり、同意見だということだ。
 俺は無視しようと思って、扉を離れようとした。
「待って、そこであなたを見かけて。頼れる人があなたしかいないのよ」
「?」
 急に声が変わった。美紅さんなのか……
 俺は扉から覗いてみる。
 カツラを手に持っていて、短い髪、そして内向きにカールしている。
 つやのある、魅力的な唇。
「美紅さん?」
 と、俺は思わず反応してしまった。
「あっ! たすけて、お願い、助けて。組織に追われてるの」
 ドンドン、と扉を叩いてくる。
「組織って?」
 俺が覗いている、と思っているのか、扉の穴の方に顔を近づけてくる。