突然、美紅さんが抵抗をやめた。俺はすぐにひねり上げている手を放した。
「……なに? 今の何」
 俺は狭い通路で、冴島さんの横に立った。俺が来たせいで、中島さんが松岡さんの上に移動した。
「美紅とかいうあなたこそ何者なのよ。なぜ影山くんを必要としているの?」
「言うワケないだろう」
 冴島さんが突き出している手に力が入った。
「ほら、簡単なことから話しなさい。組織の名前は」
「トウデクア」
「なにそれ? 本当なの?」
「本当だ!」
 美紅さんの表情が歪んだ。
 言うはずのないことを、自分の口でしゃべっていることが悔しいのだろう。
「じゃあ、次。あなた達トウデクアの連中は、影山くんをどうしようとしてるの?」
「……」
 歯を食いしばって口を開かないようにしている。
 冴島さんは一度手を引いて、何かを押し出すように手を伸ばす。
「くっ…… わ我々の仲間に引き込んで、霊探しに協力してもらったり、隙あらばこいつの中の霊を抜き…… 畜生!」
 冴島さんの力に抵抗出来なくなったのか、美紅さんは跪き頭を垂れた。
「なるほど。影山くんを仲間に引き入れて、霊集めに協力させつつ、彼の中の霊を取り出そうってことなのね」
 俺の中の霊を取り出す。吐き気まではいかなかったが、腹のあたりが気持ち悪くなって、手でさすった。
「……さっき中島さんから、俺の中には複数の霊がいるって聞いたけど、そんなにいるんですか?」
「いるわ。こいつの中には金になりそうなやつがたくさん…… 畜生!」
 冴島さの術が入っているせいか、俺の言葉に美紅さんが答えた。言葉の最後に、まるでくしゃみをするように悪態?をつく。
「あのさ、影山くん、霊はお腹のなかに入るわけじゃないからお腹をさすっても変わらないわよ」
「……はあ。けどなんか気分悪くなっちゃって」
「今のあなたが維持出来ているのは、霊のおかげかもしれないのよ。それなのに、色香に迷ってホイホイついて行ったら、無理やり霊を剥がされて…… 風邪をひく程度じゃすまないわ。死ぬかもしれない」
「し、死ぬ……」
 そう聞いておれは震えた。
 しかしメリットもある。俺は思い出した。
「けど、俺の記憶は戻るんでしょう?」
「前言ったけど、除霊や霊を剥がすことで記憶が戻るとは限らない。後、警告しておくけど、あなたが今過去を知ってはいけないから霊が守ってくれているのかも。やっぱり、考えなしにやることは得策ではないのよ」
「……もうひと思いに|殺(や)ってくれ」
 美紅さんはうつむいたままそう言った。
 冴島さんが手を押さえつけるように下げた。
 すると、つぶれるように美紅さんは床に突っ伏した。
「何言ってるの。除霊士がそんなことしたら、冴島家はこの後三代まで免許停止よ。|殺(や)るわけないでしょ。影山くんにやらせるならするかもしれないけど」
「ちょっと待ってください。俺も殺しませんよ。もし俺がやっても、冴島さんの契約による指示のせいだから俺は無罪ですよね?」
 冴島さんがニヤリ、と笑って俺に向かって指を立てた。俺はゾッとした。
「私が命令した証拠はないもの。犯行動機は…… そうね。痴情のもつれってとこかしら」
「……」
「あっ!」
 中島さんが声を上げた。
 振り返ると美紅さんがロフトに掛かっている梯子を上っていく。
 冴島さんが慌てて追いかける。