「荷物はもう運んであるわよ」
「あれ、ここ冴島さんの家なんじゃないんですか?」
 俺は表札を指さした。
「そうよ。私も、冴島さんの家に居候しているの。あなたも今日からお仲間ね。ほら、入ったら?」
「失礼します」
 俺は外の門を開け、家へ入った。
 入ると、二階へ続く階段があり、横にはまっすぐ廊下があった。中島さんは廊下を進んでいく。
 俺はそれについて行くと、そこは居間だった。
「俺のディスプレイ!」
 中島さんは、ソファーに横になりディプレイに大写しされているニュース番組を見ていた。
「ああ、ここに設置してって言われてたから」
「ちょっと待って、これ俺のですよ?」
「いいじゃん。無くなったわけじゃないんだから」
 俺はディスプレイに駆け寄って配線を確認する。
 チューナーではなく、俺のパソコンに繋がっている。
「あっ! 俺のパソコンも。俺のパソコン勝手にテレビ代わりにしないくださいよ」
「だから…… いいじゃん。ここで暮らすんだから」
「……」
 今頃になって俺は気が付いた。
 パソコンをつないでテレビを映しているということは、俺のパソコンにログインする必要がある。
 けれどPCはパスワードでロックはかけていた、はずだ。
「あの、つかぬことをお聞きしますが……」
「ああ、パスワードは推測できるようなものをつかっちゃダメね。今回私痛感したわ」
「うっ、やっぱり」
「ハードディスクに保存してあるエロコンテンツも見つかっちゃったわ」
 俺は頭を抱えた。
「えっ、隠し属性にしておいたのに!」
「隠し属性にしたんなら、『隠し属性のファイルを表示する』、ってオプション外しとかないと意味ないわね」
「うぉぉぉぉ……」
 俺は立ち上がって中島さんを指さした。
「プライバシー! プライバシーの侵害だ!」
「冴島さんには黙っておくから」
「何を黙っておくって?」
 廊下の方から声がした。
 ほどなくスーツ姿の冴島さんが現れた。
「ああ、影山くん。来たわね」
「あの、聞きたいことがいろいろと」
 冴島さんはキッチンの方に入って、コーヒーメーカーに豆を入れている。
「なにが聞きたい?」
「どうして引っ越し……」
 急にコーヒーメーカーがものすごい音を立てて豆を挽き始めた。
 俺は大声で言い直した。
「どうして引っ越ししなければならないんですか?」
「あなた、あの連中に狙われているからよ」
「いきなりすぎますよ」
「いそがないと、今度は前みたいに紳士的にやって来ないわ。必ず強行してくる」
 急に豆を挽く音が止まった。
「そうしたら、あんた勝てないでしょ?」
 俺はうなずく。さすがにこのGLPだけでは戦えないだろう。