「こんな人魂が出るような家になんで住んでるんですか?」
「駅からここに来たなら、途中で高層ビル見えなかった? 事務所にすごく近いのよね」
 冴島さんは高層ビルの方向を指差す。
「そりゃそうですが、近いってメリットが人魂が出ることを上回りますか?」
「近いだけじゃないわ。霊が出るんで、価格が安いのよ。地価もウワモノもかなり安くで買ったわ。そこら辺のマンション住んだらすぐ元が取れるぐらい安いのよ。霊はこっちは専門家なんだから、対応方法はわかってるわけなんだし」
「まあ、そうでしょうけど。火の玉がフヨフヨしてたら、外歩いてる人はこの家なんだ? って思いませんかね」
 冴島さんは残り少ないコーヒーをクィっと一気に流し込んだ。
「住まわせてもらう立場なんだから、文句言わないの」
「は、はい」
「気付いたかどうか知らないけど、悪いけどあなたの部屋はあの納戸ね。ちゃんとした部屋があれば良かったんだけど、ここ、そんなに広い家じゃないのよ」
 さっきあの納戸の様子をみた時、こう言われることはなんとなく予想していた。
 中島さんが、ソファーから顔を出して言う。
「それとも私の部屋で一緒に暮らす?」
「えっ……」
 たとえウソでも、冗談でも、少し期待してしまう。
 冴島さんは俺の顔と中島さんを交互に見やりながら言う。
「おい。言っとくけど、この|家(うち)では恋愛禁止だからな。エロ動画とかも禁止」
「エロ動画も?」
「エロ動画もだって」
 そう言って中島さんが笑った。
 冴島さんはコップを洗いに立ち上がり、言う。
「それくらい共同で暮らす上での最低限のルールでしょう?」
「そ、そうですね」
 せめてPCとディスプレイが俺の部屋にあれば文句は言われないのだが、ここに置かれてしまっていることが悔やまれる。
「あ、そうだ、このディスプレイとPCなんですけど……」
 冴島さんはコップの拭き終わると、棚に戻して振り返る。
「そうそう。丁度テレビが壊れてたのよ。悪いけどしばらく使わせて」
「えっ、あっ、えっと」
「そっか。じゃあ、月々の使用代の支払いをするわね」
 そこまで言われてしまうと、自分の部屋に持ち帰る事ができない。せめてPCだけでもと思ったが、別のディスプレイがあるわけでもない。それにPCを持ち帰ったらその中にチューナーがあるために、テレビとしては使えなくなってしまう。
 俺はノートPCの購入を決意する。
「はぁ……」
「どうしたの?」
 冴島さんは不思議そうな顔で俺を見るが、中島さんはニヤニヤ笑っている。
「じゃ、いいかな?」
 その時、テレビから臨時ニュースを知らせる音が鳴った。
「なになに…… コンビニで立てこもり事件だって。店員と客を人質に。住所は…… あれ? これ今日行ったとこの近く」
「えっ? じゃあ、俺の家の近所じゃないですか?」
 冴島さんが冷静に訂正する。
「前の影山くんの家の近所、ってことね」
 何か胸騒ぎがする。
「冴島さん、俺戻らないと」