考える前にそう口にしていた。
 俺は何か忘れている。あそこに住んでいた理由があったはずだ。
「なに? 忘れ物なら明日にしなさいよ」
「違うんです、このニュース」
「コンビニ立てこもり事件?」
 冴島さんがディスプレイを指さす。俺はうなずいた。
「影山くんのせいだとか?」
「そうだとは言い切れないんですが、そんな気がするんです」
 冴島さんは顎に指をあてて何か考えている。
「ここに入って一時間弱。荷物を移動してからとしても四時間弱だわ。たったそれだけの時間で何かが変わった、と判断するには短すぎる。大体、なにをしていたっていうの」
「記憶が出てこないから…… けど、何かがあるんです。俺の役目があるはずなんです。あそこに居なきゃいけない理由が……」
 思い出せないと話にならない。
 思い出そうとしても目を閉じてバットを振るぐらい空しい。探そうとしてる意志だけが空回りしている。
「……この前の機械、もう一度乗る気ある?」
 中島さんがソファーから立ち上がった。
 俺がうなずくと、中島さんが言った。
「すぐ手配します」
「お願い。じゃあ、これから除霊事務所に行くわよ」
 中島さんが二階に消えていき、冴島さんが電話をかけた。
 三分ほどして外に出ると、松岡さんが車を回して待っていた。
「お嬢様、こちらに」
「自分で締めるから早く車を出して」
 松岡さんは驚きもせずに運転席に乗り込む。俺も慌てて助手席に飛び込む。
 墓地の周りを走ってから、大きな通りにでると、坂を下るトンネルに入った。
 トンネルを出ると、にぎやかな街に出た。すぐの信号を曲がり、地下駐車場へと入って行く。
 エレベータ口で俺と冴島さんが降りる。
 冴島さんがエレベータにカードをかざすと、エレベータの呼び出しボタンが赤く高速点滅した。
「なんですか、今の?」
「普通はこのエレベータからは除霊事務所へのエレベータは使えないの。それを臨時につかえるようにしたってだけ」
 エレベータにのり除霊事務所に付くと、所長室に入った。
「玲香ちゃんが来る前に、あなたの中身を見やすいように準備をしておくわ。そこに座って」
 俺はソファーに座った。
「目をつぶって。何があっても開けろ、というまで目を開けないのよ」
 冴島さんは手をかざすようにして言う。しかし、そこに強制されているような力はなかった。
「はい」
 そう言って目を閉じると、何かが近づいてくるのを感じた。顔の前に何か来ている。
 かすかに呼吸音がする。まさか…… いや、目は開けれない。
「!」
 唇に柔らかいものがあたる。しばらくすると、フッと消えるように離れていく。
 この感触は冴島さんのアレに間違いないだろう。しかし、確認することは許されない。
 ギャグ漫画でありがちなネタとしてこれは、松岡さんのアレ、かもしれない。
 しかしとてもいい匂いだ。俺と冴島さん以外にこの所長室に入ってきたとも思えない。とすれば結論として、冴島さんの……
「はい、目を開けて」
 俺の間近に冴島さんの顔があった。冴島さんの綺麗な瞳の中に、俺が映っている。
 本当に、この唇が、俺の……
「少し寝ててもらうわよ」
 言われた時には、すでに|瞼(まぶた)が重くなっていた。