「そうじゃなきゃ、強力な超能力干渉波キャンセラーね。けど、このドームなら私達もキャンセラーなしのフルパワーだ」
「そもそも私が力を付けたとは思ってないんだな」
「こっちだって、修行してんだよ」
 七瀬はそう言って構えたアキナを挑発する。
「ほら、パーマ。かかってきな」
 クイっと指をまげて、呼び込むようなしぐさをする。
 アキナはそのまま七瀬に向かって走り出してしまった。
「ダメよ。バラバラに戦ったら不利……」
 亜夢が言うが、遅かった。
 拳がぶつかり合い、ヒカジョの力比べが始まっていた。
 大きな音がして、拳がぶつかる寸前で止まる。
 互いの|非科学的潜在力(ちから)をそこに出し切る。
「フン」
 七瀬は急に腕を引き、前のめりになったアキナを軸をずらしてかわす。
 振りかぶった拳を、態勢を崩して突っ込んだアキナの顎に振り下ろす。
 亜夢には、すべてがスローモーションのように見えた。
 が、実際は一瞬だった。
 アキナはスタジアムの人工芝の上に転がされた。
「アキナ!」
 死んではいない。
 思念波世界で覗き見る。アキナは気を失っているだけ、だけど、しばらく動けない。
「さて、あとはあんた一人だ」
『ちがうぞ。亜夢。思い出せ』
 七瀬の後ろにハツエが見えた。
「私の本当のちからかどうか確かめるといい」
 七瀬が走って亜夢へ向かってくる。単純に拳や肉体をアシストしただけでは負ける。亜夢はそう思った。
「ほら、どうした、手も足もでないのか!」
 七瀬は言葉を発しながらも、左、右ストレート、左ローキック、右の回し蹴り、と連続で攻撃を仕掛ける。
 亜夢は腕、足に|非科学的潜在力(ちから)で空気の層を作りながら、受け止める。それでも、ひとつひとつの打撃がおもく、反撃する隙がない。
「マスターのアシストなんて、はじめから……」
 話しながら攻めつける。
 亜夢は左右のフックをしゃがんで避けると七瀬の動きが鈍った。亜夢は立ち上がりざまにサマーソルトキックを狙う。
 亜夢の蹴りが空を切ると、間合いを詰めてきていた七瀬もサマーソルトキックを放つ。
 亜夢も、半身になって蹴りをかわす。
 私が何か七瀬美月より優っているもの。そこで勝負をしないといけない、と亜夢は考えた。けれど、ハツエはそんな事が言いたかったのだろうか……
 いやもしかして『あとはあんたひとり』に対して『違うぞ、亜夢。思い出せ』 と言ったのか?
「くらえっ!」
 亜夢はもう一人いる超能力者の力を借りる。
 次の瞬間、亜夢の指先から電荷が飛び出した。
 雷。
 一面白くなってしまうほど、まばゆい光が発せられた。
 七瀬がもし避けきれなければ…… どうなる? やってしまっておきながら、亜夢は自身の行為に恐怖した。
 主線となる稲妻を七瀬が避けると、スタジアムの人工芝へ落ちる。
 しかし、枝葉の雷が七瀬の腕から入って、足先へ抜ける。
「!」
 七瀬は目を見開いたまま、動きが止まった。
『乱橋亜夢!』
 突然、声が聞こえると亜夢には現実世界が見えなくなった。
 黒い布をまとい、目だけがこちらを睨んでいる。
『七瀬は返してもらう』