亜夢はその仕草を見て、ぐぐっとくるものがあった。
 同じシャンプー、同じボディーソープを使って洗い、同じ浴衣を着ているのに、美優からはいい匂いがしてくるような気がする。
 亜夢がふと横をみると、アキナも目をつぶって鼻を近づけている。
 同じことを考えているのか、と思って笑った。
 ここへ来て、疲れが出ていた。キャンセラーをしていなかったせで、亜夢は干渉波の影響を受け疲れが溜まっていたのだ。
 帰りのパトカーでも目を閉じていただけで、亜夢は寝れなかった。
「お風呂も入ったし、ねる?」
 と亜夢が言うと、美優は机に置いてある目覚まし時計を指さす。
「見てよ、まだこんな時間」
「じゃさ、ババ抜きやろうか、ババ抜き」
 結局、亜夢も付き合って、トランプを夜中過ぎまでやってから、眠りについた。
 正確に言うと、美優とアキナは眠りについたのだった。亜夢は寝れなかった。
 間に挟まれていれば、少しは干渉波の影響はすくなくなる、という理屈だったが、亜夢には、その理論が全く当てはまらないほど干渉波の影響が強かった。以前、都心にいた時よりも痛みやノイズの度合いは高くなっているように感じる。
 天井を見つめながら、苦痛に耐えていた。
「うん……」
 声の方を見ると、美優がかけ布団をはいでいた。亜夢は上体を起こして、掛け直そうとした。
「あつい…… よ……」
 美優が布団を蹴ったらしく、白くてきれいな足が、浴衣からはみ出ていた。
 亜夢は美優を起こさないようにそっと浴衣の端をつまみ、足を隠すようにもどした。
 ふとんをもって、枕に頭を戻そうとすると、今度は美優の胸元が気になってしまった。
 もしかして、美優、ブラしてない? 亜夢は思った。もしかして、乾燥機にかけた時からずっと下着を着けていなかったのだろうか。
「ううん……」
 美優が寝返りを繰り返すと、再び亜夢の方を向いた時には胸が見えそうになっていた。
「み、美優って、こんなに寝相が悪かったの?」
 亜夢は美優の体を見ていてドキドキしてきた。
 触りたい、唇でその先端をいじってみたい。亜夢は超能力干渉波のノイズや痛みどころの騒ぎではなくなっていた。
「えっ……」
 布団のなかで、美優が足を絡めてきた。
 すべすべの柔らかい足が、からんで、こすれあった。
「あっ……」
 美優がまた寝返りをしようとして、ふとももが亜夢の方に強くあたってきた。
 勝手に息が荒くなって、亜夢は、それが美優やアキナに聞こえてしまうのが怖かった。自分の口を手で押さえるが、絡まる足の快感に、興奮が収まらなくなってきていた。
 亜夢は自らの足を積極的に動かし、美優のあそこを刺激するように動かした。
 キャンセラーを着けている美優とアキナは、小さい声なら聞こえないだろう、と判断して亜夢は快感に伴う吐息を隠す事をしなくなっていた。
「ああ…… はぁ、はぁ……」
 その時、急に後ろから手を回された。
 アキナの手が、亜夢の浴衣の中に入ってきた。亜夢は下着を着けていたが、アキナは大胆にもその上から揉んできた。
「ほにゃほにゃ…… どうにゃ……」
 亜夢はびっくりしてアキナの顔を見るが、目は閉じていて、寝ているようだった。話していることhばも、寝ぼけていてはっきりしない。
「(アキナ?)」
 亜夢は起きているのか確かめるように言った。アキナの反応はない。まだ亜夢の胸をふにゃふにゃと触っていた。