「影山くん! 危ないんだケド!」
 橋口さんが上から飛び降りてきた。
「えっ、どこから?」
 そう思うと、上下レザーの男が飛び上がって、黒王号の上にいる俺の高さまで上がってくる。
 拳が打ち込まれる寸前、橋口さんが投げたコートが上下レザーの男に絡みつく。
「うぉっ!」
 上下レザーの男は顔をトレンチコートにくるまれて、道でのたうちまわっている。
 橋口さんは九字を切る。冴島さんがやっているところを見たことはあるが、橋口さんもするんだ、と俺は思った。
「えいっ!」
 橋口さんの手刀が振り下ろされると、バタバタと動いていたレザーの男の動きが止まった。
 光の粒が、パッと飛び散るように見えた。
「橋口さん」
 警察官が拳銃を向けながら近づいてくる。
「もう大丈夫。除霊は済んだわ。殺人容疑で取り押さえて」
 銃をしまうと、警官は一斉に飛びかかった。
 橋口さんは俺に近づいてくる。
「で、あんたはなにしてるのかな?」
「えっと…… この馬、黒王号っていうらしくて」
 俺はなんとなく腕の方を見た。
「ああ、GLPから出したってわけね? 選ぶにしても最悪のを選んだわね」
 確かに高いし、下りたくても下りれない。
「どういうことですか?」
「普通の霊なら、この馬の力で蹴散らしたり、追いかけたり、逃げたりできたでしょうけど」
 俺も実際のところ、そのつもりで呼び出していた。
「相手はケンシロウよ。つまりあなたはラオウ。黒王号ではケンシロウを蹴散らすことも出来ないし、ましてや逃げるなんて選択肢はないのよ」
「い、意味がわかりませんが」
「……はあ。まあ良いわ。上下レザーの男には注意するのね」
 橋口さんは踵を返して、後ろ姿のまま手を振った。
「あっ、えっと……」
 俺は…… どうしよう。下りたとして、この馬は消えるまでどこかにつなげておくべきなんだろうか。
 通行人の何人かがスマフォのカメラを向けて写真を取り始めた。
 撮るなと怒るわけにもいかず、曖昧な笑いで返していると、撮る人たちが増えていく。
「これ、いつ消えるんだろう……」
 とりあえず『鉄龍』と同じように霊力を使い果たせば消えるだろう。
 そう思い、俺は馬を走らせることにした。



 店に戻ると、店長から怒りをぶつけられた。
「なんでいなくなったんだ。そして、行ったっきりずっと帰ってこない。外には殺人犯。死んだかと思ったよ。そして、この食器や皿を見たまえ。君が怠った仕事の結果だ」
 俺は必死に食洗機を使いながら仕事を進めた。
 汚れが軽いものは、直接手洗いした。
 結局、あの馬はちょっと走るどころでは使いきれないぐらいの霊力をもっていたのだ。
 店の前の通りでは全く話にならなかった。だから車道に出て、自動車の後をついて行ったのだから、きっと六十キロ近くでていたろう。それくらいの速度で走り回って、一時間近くを費やした。自動車やバイクでの六十キロとは違い、初めての乗馬での六十キロは、生きた心地がしなかった。
 店に戻ってきた時は、桶には食器が山となっていて、店長はこんな感じだった。
「すみませんでした」
「井村くんが無事だったのは幸いだった。だが、君が働いていない一時間近くの間の賃金と罰金を給料から差っ引かせてもらうよ」