俺は、駅のホーム、電車の中での彼女の笑顔が思い出した。そして、冴島さんの言葉で俺たち二人の時間のすべて否定されたような気がした。
 ……違う、俺はダメなヤツかもしれないけど、彼女を否定したらダメだ。
「いい子ですよ。俺の情報ってなんですか? 俺がなんだっていうんですか? それなら俺が欲しいのと違わないんじゃないですか? 会ったこともないのに、あの子のことを疑うのはやめてください」
「……ごめん。豆挽いてる音で聞こえなかった。もう一度言って」
「もういい!」
 俺は階段を登って中二階の納戸、俺の部屋に使わせてもらっているところ、に入って、敷きっぱなしの布団にくるまって、寝た。
 大学の授業が終わると、バイト先に向かいながら考えた。
 冴島さんが言いたかったことは、井村さんが|美紅(みく)さんと同じように俺に|憑(つ)いている霊や、あの屋敷に近づくための情報を集める為に近づいて行きた人物だ、という意味だろう。だが、美紅さんがそうだったように、俺には井村さんにも悪意があるように思えない。俺についている霊が落ちたり消えたりしても、記憶が戻るどころか、失われてしまうかもしれないと言っていたが、井村さんが欲しいといっても霊をあげることは出来ない。けれど俺に近づいてきて、害を与えるわけでもなくそこにいる人を、拒否したり排除することもなにか違う。
 バイト先の駅で降りると、反対側の通路から下りてくる一人に気づいた。
 髪の毛はなく、眼光するどいおじさんだった。
 他にも通路を下りてくる人はいて、なぜ俺はその人が凝視したのかを考えた。どこかで見たことがあるからだ…… そうだ。店の防犯カメラの映像だ。店の常連のはハゲのおっさん。
 俺は時間を見てまだ店のシフトまで間があることを確認し、そのおっさんをつけてみることにした。
 おっさんは駅から出ると、俺のバイト先の店の前で立ち止まった。
 俺はコンビニに入るフリをして角を曲がってそこからおっさんを見ている。
 おっさんは上体を右に左に動かしながら、店内の様子を確認している。俺は店の配置を頭に浮かべた。あの位置からなら、待機している|娘(こ)を確かめることが出来る。
 しばらくそうやって体を振りながらそこにいると、満足したのかお目当ての|娘(こ)がいなかったのか、通りを歩き始めた。俺もまた後をつけはじめた。
 おっさんは次にクレープの店に立ち止まると、若い女性観光客の後ろに並んだ。
 俺はそれを横目で見ながら通りすぎ、反対側の角に曲がったふりをして監視した。前にいる女性観光客はよその国からきたようで、よくわからない言語を話していた。
 おっさんはその観光客を後ろからジロジロみたり、クレープ屋の店員が顔をだすたびにチェックをしている様子だった。
「どんだけ若い女の子好きなんだ……」
 順番が来るとそのままクレープを注文して、店の女の子に話しかけたりしながら、出来上がるのを待っている。
 女の子見ていると、笑顔、笑顔、苦笑、笑顔、と、時折嫌ですよ、というアピールを入れている。
 気づかれないように、おっさんの視線が一瞬ずれた時を見計らっている。
 おっさんは出来上がったクレープと自分の顔を入れて自撮りして、周囲で食べている客に混じってウロウロしながらクレープを食べる。
 こんな人物が本当に『ヤミ降霊師』なのだろうか。
 冴島さんから聞いたヤミ降霊師、違法降霊師の話はこうだ。強くなりたい、金儲けしたい、気持ちよくなりたい…… そんな欲望だけが強くて満たされない人間を巧みに誘い込み、強くしてやる、金儲けが出来るように…… と持ち掛けて降霊する。降霊した霊もやがて昇天するし、取り憑く先に興味を失えば消えていく。だが、霊は憑りついて自我に直接働きかけるから、実際に効果があってもなくても、上手くいったような錯覚だけがのこり、しばらくするとまた降霊師に頼みに来る、ということだ。
 だから、もっとヤバい連中に囲まれ、顔を隠して歩いているのだと思っていた。こんなに堂々と、日中の大通りを歩いている人間とは思っていなかったのだ。
 その時、おっさんは突然スマフォを取り出して話し始めた。
 顔つきもガラッと変わって、厳しい表情になった。これなら『ヤミ』とか『違法』がつくような感じの人間に見える。俺は自分のスマフォをみて時間を確認した。そろそろシフトの時間だ。おっさんが早くことを起こしてくれることを祈ってチーフに連絡を入れる。