「お客様にそういう言い方をするな、髪の薄い方とか言い方があるだろう」
「薄いんじゃなくて一本も生えていないんです」
 チーフが俺の説教を諦めたのか、ホールの側に動き出す。
「ハゲがどうした」
「ホールにいる女の子を呼びつけているみたいで」
「わかったすぐ行く」
 俺も確認しに行きたかったが、調理師に止められた。
 チーフが低姿勢になって、やさしい言葉使いをしているのが聞こえてくる。
 何度か同じことを言っていると、客も態度を軟化させてきたようだ。
「どうですか」
 俺が聞くと調理師の人がちょっとホールを覗いてくれる。
「もう大丈夫だろう」
「良かった」
 チーフが戻ってきたが、俺の説教のことは忘れていた。
 ずっとその客の愚痴を聞かされたが、大して嫌ではなかった。それより皿を食洗機にセットしたり、食器を洗ったり乾かしたり拭ったり、いつもの単調で何度も繰り返される仕事が辛かった。
 俺は、ゴミ出しの合間に、スマフォで撮った映像を編集した。
「冴島さん」
 俺は電話をしていた。
「ということで、映像を確認して欲しいんですが」
「じゃあ、今事務所だから玲香のメアドに動画送って」
 玲香というのが、秘書の中島さんのことだと教えられ、俺はそのメールアドレス宛に動画を送った。俺がキッチンに戻った時に、メールが返信された。
 仕事の合間を見て確認すると、冴島さんの代わりに書いています、ということで中島さんから返信があった。
 この男は間違いなく降霊をしているが、映像が連続的に映っていないから証拠にはならない、ということだった。そして注意が付け加えられていた。これから先、この男に近づかないこと。
「……」
 完全にあのおっさんが降霊師だ、と分かればここで捕まえなくともいい、ということなのだろうか。
 けれどこの動画では証明できない、とも言った。証拠足り得ないのであれば警察はまだ動けない、ということだ。もし一昨日の映像にあったおっさんの連れ、が昨日の殺人犯だったらこれ以上野放しにしていると被害が広がってしまう。さっきも降霊していたわけだから、その男も何か犯罪を犯してしまうかもしれない。
 手の届くところにいる悪党に手出しできない歯がゆさで、俺はイライラしはじめていた。
 降霊師へのイライラと仕事のイライラが重なって、本当に俺は爆発寸前だった。たとえチーフと言えど、いま突っ込んできたら言い返してやるところだった。
 そんな雰囲気を察したのか、チーフは再びホールの方へ行ってしまった。
 俺は、どこにもぶつけることが出来ないまま、店の営業時間が終わった。
 一人一人、女の子は帰っていく。
「あれ、チーフ戻ってきました?」
 調理師は黙って俺の方を振り返り、「いいや」と言った。
 制服の女の子が立ち止まり、「井村さんとお客様がもめていて、チーフが中に入って収めようとしている」と言うだけ言って、更衣室へ行ってしまった。俺とホールの女の子は会話をしてはいけないのだから、一方的に情報を言うだけしかできないのだ。
「もめているって……」
 俺はイヤな予感がした。井村さんが美紅さんと同じように霊を集めている組織の手下だとしたら、井村さんにも何か霊がついているだろう。降霊師が|憑(つ)いている霊に興味を持ったのだとしたら……
 調理場を掃除しながら、井村さんが通ったら俺が帰るまで待ってくれ、という事に決めていた。今、まだそのハゲのおっさんがそこにいるなら、井村さんが一人で帰るのは危険だ。ここの規則をやぶってしまうことになるが、このさい仕方ないことだった。
 だが、いつまで経っても、チーフも井村さんも裏に戻ってこない。
「あの、ホール見てもらえますか?」