「なに? 集中が必要なんだケド」
 立ち止まって振り向いた。
 ぶつからないように止まる。
「|霊痕(れいこん)とか見えたり感じたりするんですか?」
「普通の状態で人から霊痕がつくほどのこことはないわ。おそらくだけど、今は、霊痕はさっきの『助逃壁』を壊す時の霊的ダメージのせいで霊が漏れているのよ」
「なるほど」
 橋口さんが指差す。
「神社があるんですって?」
 橋口さんの指さす、その方向だったはずだ。
「ええ。ありました」
「御神体の影が出来る場所があるわ、おそらくそこだとおもう。私に何かあったら、フォローよろしく」
 橋口さんが自身の巨乳を持ち上げながら、ウィンクする。思わず|巨乳(そこ)に目がいく。
「えっ?」
「この前、私が気絶してたところを助けてくれたの、忘れた?」
 いや、あの時は、あの、その、橋口さんのおっぱいに夢中だったような……
「ま、あなたの本能の話だと思うから、大丈夫でしょ」
「?」
 すると橋口さんは、まるで行先をしっているかのようにまったく悩むことなく道を選択する。
「ちょっと待っ……」
 自然と足が止まった。
 まっすぐ見据えた先きには、おっさんと、おっさんに金を渡していた男がいた。
 金を渡して、霊を憑けられた男は、今、軍服を着ていた。
 長身痩躯。軍服に軍の帽子、上から|外套(マント)を羽織っている。
 こっちに気が付くと、男は|外套(マント)をはらった。その手には五芒星が書かれた手袋……
「しまった!」
 橋口さんが言うと、俺は目の前が真っ暗になった。
 布が顔に掛かったようで、もがいて手に取るとそれは橋口さんのトレンチコートだった。
「……くっ」
 目の前で橋口さんが倒れている。
 抱き起そうと近づくと磁石が反発するような力を受ける。
「うわっ!」
 強力な磁石で弾かれたようにしりもちをついてしまう。
「結界よ……」
「結界?」
「単純な結界だけど、単純な分、強力なの。普段なら引っ掛からないんだけど……」
「霊痕ばかりにきを取られているからだ……」
 ニヤリ、と笑った。そしてハゲのおっさんは、こっちに手を振る。
「じゃあな、除霊士さん」
 おっさんは懐から白い紙を取り出すと片手を顔の前に立てて祈る。
 すると、白い紙が空高く飛んで行きながら、大きくなり、色が黒くなった。
「アァーアァー」
「カラス?」
「しまった」
 橋口さんは立ち上がろうとするが、何か見えない力に押し付けらるかのように地面に押し付けられる。
 長身痩躯の男が関係しているようだった。
「じゃあな」
 カラスの足に綱を投げつけると、カラスがそれを掴んだ。
 ハゲのおっさんはそのまま空へ引っ張り上げられて、消えて行った。
「くっ、逃げられた」