「バイト中に怪我をされたら、私が困るんだよ。まったく」
「すみません」
 単純に、俺のことを心配しているのではないことを知り、ここのバイトが単純なものではなくてそれなりにブラックだったことを改めて思い出した。
 それでも店長の位置を確認しながら、外の連中を見ていた。
 連中のせいで、客が引き返してしまうようなら、追っ払う必要がある、と思っていた。
 しかし、人数が七、八人になった頃、ぞろぞろと駐車場の端へとあるき始めた。
「ん?」
 何か目的があるようには思えなかった。しかし、紐で引かれるように次々と去っていく。
「ちょっと影山くん。さっきも言ったろう、困るよ」
「いや、大丈夫ですよ。連中どっかに行くみたいですから」
 言っている間に、駐車場に残っているやつが去っていった。
「ほら」
「……」
 店長は少し喜んでいるようにも思えたが、クビを傾げていた。
 確かに去っていく理由がわからない。
「ちょっと駐車場掃除してきます」
 連中がたむろしていたところに、食べかすやゴミが散らばっている。それを片付けるふりをして、俺は連中がどこへ行くのか見極めようと思った。
 コンビニの外に出て、|箒(ほうき)とちりとりを取りに行く。
 横目で連中を見てみると、コンビニの駐車場のすぐ二メートルほど下にある畑にいた。駐車場の端まで行き、様子をみる。連中は畑と畑の間の小道を、一定の間隔を開けて一人ずつ歩いて行く。
「なんだろう」
 小道の先には軽トラが走れるような農道がある。そこに誰かいるようなのだが、遠すぎて見えない。
「ん〜」
 誰からも目撃されるような位置なのに、遠いというだけで見えない。
 鳥のように翼があれば行って見てくるのに……
「!」
 そうだ、式神だ。
「ほら、駐車場の掃除するんじゃないのか。まったく」
 店長に見つかって、俺は連中がたむろしていたところに戻り|箒(ほうき)で掃除した。
 掃除がおわり、道具を片付ける際に、畑の方を覗いた。
 列になって歩いていた連中はいなくなっていて、何かしたような跡もなかった。
「なんだったんだろう」
 裏のドアが開いて、店長に呼ばれた。
「ほら、お客さんだぞ」
 俺は急いで店内に戻って、手を洗って、ぬぐってレジにつく。
「あっ……」
 俺は思わず声を上げてしまった。
 女性の一重の瞳はすこし垂れ目で、唇は薄かった。顔はスッキリとほそい感じだ。あれ…… 知っている女性、と錯覚してしまうような雰囲気。作り出す表情や、それらの配置やバランスが良くて美人であるということだ。しっかりメイクもしていて、ドキッとさせられる。
 以前、ここですれ違った女性だ。
 コンビニという性質上、二度とこない客か、何度も来る客がはっきりしていた。つまり、この女性客は何度も来る、近所の女性に違いないと俺は判断した。
「どうかしました?」
 レジには商品がたくさん置かれていて、まだ一つとして俺はスキャンしていなかった。
「失礼しました」
 俺が商品のバーコードをスキャンしては袋に入れていくと、女性が言った。
「どこかで会ったかしら?」
 えっ、そのセリフをそっちから言うのか、俺はなんて返していいのか悩んだ。