「……」
 俺は店長から箒とチリトリを手渡され、駐車場の掃除を行った。
 不良のような連中が溜まる場所は決まっている。食べかすも落ちているし、紙くずも散らかっていた。
 俺は箒でそれらを履いていると、不思議なことに気付いた。
「あれ、渦を巻く……」
 掃いたポテチのクズや、小さな紙の切れ端、枯れ葉などが、掃いた方向から少しだけずれる。それを追うように箒で掃くと、再びクズや塵の方向がずれる。結果として、ぐるりと輪というか、渦を描いた。
「ここに何かある?」
 何か術を仕掛ける時に、陣を描いたりすることがある。この駐車場にそういう五芒星や何かが描かれているのかもしれない。その力が不良を召喚している? のだろうか。
 さらに掃き進めていくと、渦の中心が分かった。
 俺は道端まで行き、石を見つけてきて中心にバツ印を入れた。そして、ゴミをチリトリに掃き入れ、袋に捨てた。
 駐車場を見ながら店に戻ると、店長にぶつかってしまった。
「す、すみません」
「駐車場の掃除をするのに何分かかるんだ。まったく」
「サボっていたわけでは」
「サボっているのとかわらないだろう」
 手を腰に当てている店長越しに、俺は店内の時計を見た。
「あ、もう休憩していい時間ですよね」
 店長も振り返って、時刻を確認する。
「……」
「休憩入ります」
「そういうのはいっちょまえだな。まったく」
 俺はバックヤードに入って、冴島さんに電話した。さっきの式神の失敗の原因を知りたかったのだ。
「……というわけなんですよ。やっぱり冴島さんみたく九字印を切れないとダメなんですかね?」
「そんなことないよ。変に力もないのに印だけ切ってると痛い目に会うっていうし。ちょっと細かいところを見てないから原因まではわからないな。今回は『やっこさん』だったから良かったけど、変なものが出来た時に処置できないだろうから、私がしっかり教えるまでは式神を作るのは禁止ね」
「は、はい…… それと」
「それと何?」
 俺はコンビニの駐車場でゴミが渦を巻いた話をした。
「……それ、今回の課題にしようか。陣があるんじゃないか、という見立ては間違えじゃない。そこを無力化するのをやってみて。そっちはどうやっても変なことにはならないだろうし。自分で調べて、工夫してやってみなよ。勉強になるから」
「ハイ!」
 何か認められた気持ちになって、うれしかった。
 除霊士を目指すことにはしていたが、自分にそんな力があるのかどうもピンとこないせいで、やる気が出ないこともあった。こうやって冴島さんに認められるなら、一つ一つやっていこう、俺はそう思った。
 休憩時間はそんなことをしている間に終わってしまった。
 部活帰りの学生やら、タクシーの運転手、残業確定の会社員…… と言った順に客層が移り変わっていくと、また外に不良たちがたまり始めていた。人数はまだ三人ほどだった。
 駐車場のあのバツ印が入ったあたりを中心に集まっている。
「……やっぱりあそこの下にあるんだな」
 そう思って、不良たちをみていると、女性客が入ってきた。
「あっ……」
 さっき来た、上村と名乗る女性だった。
 女性は、すこし垂れ目で、顔はスッキリとほそい感じだ。
 その女の人が、コンビニの入り口あたりで店を見渡して、俺を見つけると近づいてくる。
「かげやま……」
 やばい。俺は店長に何を言われるかを考えて、女から逃げるように店内を動き回った。