通話を切ると、広げていた教科書とノートをしまって席を立った。
「ちょっと!」
 俺は呼び止められて、振り返った。
 やけに濃いメイクの女子だった。おかっぱ頭というぐらいのショートボブ。ビビッドな口紅に強い色のアイシャドー。大学でよく見かける娘(こ)だが、知り合いではなかった。
「キミ、最近引っ越した?」
 この人に話しかけられることはない、と思っているため、自分自身を指でさして問い正した。
「俺?」
 その女子は手を広げた。 
「他に誰が?」
「……ああ、引っ越したよ」
「ふーん……」
 しばらく立って、次の会話を待っていたが、何も言われず、素敵なハプニングも起こらなかった。わざとどこに引っ越したとか、そういうことを言わずにいたのだが、聞き返してくることもなかった。
 なんだろう。俺に興味があるんじゃないのか、と思った俺は、首をかしげてから言った。
「他にないの?」
「引っ越したか確認したかっただけよ。それ以外は別に」
「別に?」
「ない! ないって言ってる!」
 そう言うと、バチッと教科書を机に叩きつけ、席に座った。
 音にビビって周りを見回すが、この教室は次の時間は空きになるようで、もうほどんど他に生徒はいなかった。
「な、なんだよ……」
「じゃあね」
「じゃあな」
 また一瞬ではあるが、モテ期のようなものを期待した俺が間違っていた。
 どうして愛やら恋やらはいつまで経っても始まらんのだろうか。容姿には難があるのは分かるが、性格とかにも問題があるのだろうか。さまざま自問自答しながら、川原についた。
「野球場ってどこだ?」
「ちょうどいいところだった」
 振り返ると、冴島さんが立っていた。どこで着替えたのかスーツではなく、ベージュのサファリジャケットを着て、しっかりしたブーツを履いている。
 前方にいつもの黒塗りの車が、土煙を巻き上げながら進んでいく。
「こんなところで何を勉強するんですか?」
「実地訓練ね。なにか戦う手段を教えておいた方がいいかも、と思ったの」
 俺は川の近くへ下りていく途中、話し始めた。
「このまえの式神の話、続きを言ってませんでしたよね」
「えっ、なに、続きって?」
 あまりの驚きように、俺は言わない方がいいのか、と思って口を閉じた。
「……」
「ねぇ? どういうこと。続きがあるのね?」
「いえ……」
 冴島さんは立ち止まって、俺の顔の方に手をかざした。
「ほら、話しなさい。事によってはすぐにバイト先のコンビニに行かないといけないかもしれない」
「作った式神が三、四メートルの大きさの『やっこさん』になって、『ヴォォォーーー』とか言って。俺は霊弾を撃ったんだけど何の役にも立たなかったんです。そこに赤ジャケの男が現れて、式神を燃やしてしまった」
「……何故、その前には連絡をいれてくれてたのに、その後は連絡を入れなかった?」
 俺は探すように空を見上げた。
「えっと、次の休憩時間って、深夜でしたので」