「燃えていた、と聞いて安心したけど、燃えてないんならかなりヤバかったわ。まさか成長するのを作っちゃうとはね。つーかさ、普通式神生きてるなら、作り出した本人が何か感じてもよさそうだけど?」
 俺は首を振った。
 本当に何も感じなかった。本当なら畑を進んで行って、偵察した結果を知りたかったのに。
「感じないのか…… だとすると本当に式神は禁止。完璧になるまでは作ろうとしちゃダメよ」
「はい」
 冴島さんは腰に手を当てて、首を傾げた。
「さらっと言ったけど、式神の話のなかで、霊弾を撃った、って言ったわね。この前は意識させるまで霊弾自体見えなかったのに……」
「でも。式神には全然効かなかったんです」
「それは状況によるし、どんな霊弾だったかにもよるけどね」
 ガラガラと音が聞こえてきた。
 振り返ると、松岡さんが車輪のついた大きなバッグを引っ張ってきた。
「なんですか? あれ」
「実は、ちょうど霊弾の撃ち方を教えようと思ってたの。松岡の持ってきている機械は場の霊圧を高めて霊弾を撃ちやすくするものよ」
「へぇ」
 よく野外で電気を使うときに使う機械や、空気を圧縮する機械とか、無骨さがそんな感じだった。
「とにかく水辺まで行くわよ」
 俺たちは水辺に行き、川下の方へ向いた。
「ほら、この方向なら川しかない」
「確かに…… けど先には自動車や電車の橋がかかってますけど」
「一キロは無いにしろ、相当の距離があるのよ。まずそれまでに水に入っちゃうわね。安心して撃っていいわ」
「はい」
 冴島さんは理屈の説明を始めた。周囲の霊圧を使って、取り込んだ霊力を弾丸のように射出する、というのが基本だ。霊力が弱くても、霊そのものを投げつけるような気持ちでも同じようなものが撃てる、ということだ。
「霊そのものを取り込んで撃つような場合は、その霊の性質も出てしまうから、性質が合わなければ何も効果がない、ということもある」
「電圧と電力と電子、って置き換えてもいいんですか? まあ、電子なら性質は一定だと思いますが」
「……ごめん、そういう例えは良くわからないの」
 冴島さんは川下の方を向いた。
「軽く撃ってみるから。松岡、場を作ってくれ」
 松岡さんが、紐を引っ張ってエンジンを回す。本当に発電機のようだった。
「まずはみて覚えるんだ」
 冴島さんも、簡単に『みて』というのだが、霊弾はそもそも霊視出来ないと出たのかすらわからないものなのだ。俺も除霊士の訓練を始めてからは、霊視が出来るようになったから、それなりには見えると思うのだが。
「はい」
 冴島さんの手の先から、白い、炎のようなモノが水面を飛んでいく。そして数十メートル先でスッと消えた。
 消えてから少し遅れて、川でポチャ、と魚が跳ねたような音がした。
「?」
「さあ、手の先から出すんだから、そこに意識を集中するの」
 冴島さんが俺の手を両手で包むように触れ、指先の方へ絞るように滑らす。
「あっ……」
「変な声をだすなら、セクハラで訴えるぞ」
「すみません。変な想像をしてしまって……」
 冴島さんは頭を下げて、ゆっくりと言った。