「だ、か、らぁ〜 そういうのが、セクハラだって言ってんだろ!」
「……」
 冴島さんが俺の背後に回った。
 俺の肩、腕を触って上下させる。
「ピンポイントに集中させたければ、指を伸ばしてその先端から。広範囲に広げたければ拳全体から。そういう使い分けも出来るように」
「……この前やってみたようにしていいですか?」
「やってみて」
 冴島さんがうなずくと、俺は川下を見て指で銃の格好をつくる。
 集中して、霊を、霊圧を感じながら……
「ポチャッ」
 真下、というほどすぐそこではないが、霊弾として機能しないぐらいすぐ近くに落下した。
「……」
 冴島さんは正直な評価を言っていいか悩んでいるようだった。気を使っているということだ。
「いや、あの、こんなはずじゃ……」
 あの時、コンビニの駐車場から式神を狙ったときは、撃てた。もっと直線的に飛んで、式神を貫いた。ただ、式神にダメージはなかったが。
「もう一度」
「うん」
 少し遠くに飛ぶように。少し上目に狙いをつけて……
 ポチャッ、とすぐ近くの水面に霊弾が|落ちた(・・・)。
「大丈夫。初めてはこんなもんよ」
「なんかその慰めかたはやめてください」
 その時、俺の横の水面に何か着水した。
「!」
 続けて、もう少し近くに、チャプン。
「霊弾……」
 まるで本物の弾丸が撃ち込まれているような音がする。
 振り返ると、草むらに人影が見える。
「女?」
 冴島さんは姿勢を低くして、紙を取り出して、陣を書き込み、水平に紙を放る。
 紙はそのまま舞い上がったかと思うと、頭、羽根、尾のように十字の形をつくると、草むらの人影の方に飛んでいく。
「これが式神ですか」
 冴島さんが手にもつ、もう一枚の紙には墨絵が描かれている。その絵は、式神の動きに合わせて絵柄が変わる。初めは何のことか分からなかったが、書き換えスピードが遅い白黒動画だ。
 冴島さんが、スッと手を下げると、式神が急降下した。
 式神は霊弾を打ってきた人物の姿を映し出す。
「あれ?」
「もしかして知り合い?」
 冴島さんは人差し指と中指を伸ばし、くるっと手を回した。
 式神がまた急上昇してこっちに戻ってくる。
 冴島さんの手の平に止まると、十字の形が元の四角の紙の形に戻る。
 それをポケットに入れると、冴島さんが言った。
「松岡、連れてきて」
「はっ」
 松岡さんが会釈すると、すばやく藪の中を走っていった。
 以前、松岡さんは『忠犬』なのだ、と聞いたことがある。まさにそんな様子だった。
「あの、知り合いっていうわけじゃないんです。さっき大学の教室で顔をみただけで」
「顔を見たことがあるなら、十分よ」