しばらくすると、声が聞こえてきた。
「放せよ、引っ張るなよ」
 松岡さんが手首をつかんで歩くのを、抵抗するように突っかかりながら歩いてくる。
 ショートボブに、ビビッドな口紅。白黒画像ではっきりとは分からなかったが、間違いない。さっき教室であった|娘(こ)だ。
 冴島さんは、霊圧を発生する機械のスイッチを切って、松岡さんの方へ進む。そして俺を手招きする。
 ショートボブの女は、冴島さんを警戒して睨みつけた。
「あなたがさっきの霊弾を?」
「……」
 言葉では答えず、首を縦に振る。
「危ない、ってことは分かっててやったわね」
「……」
「影山くんとはどういう関係?」
 冴島さんの問い詰め方が変な感じがして、俺は慌てる。
「どういう関係もさっき初めて話したぐらいですよ」
 俺がバタバタしていると見ると、冴島さんは手の平をこっちに向ける。
「黙って」
 完全に命令(コマンド)が入ってしまい、俺は口が開かなくなった。
「どういう関係?」
「別に……」
「……影山くん。この前の家族の写真を見せて」
 スマフォに入れている写真を表示させて、見せる。
「違った」
 当たり前だ、と言いたいが、命令が入っていて話すことが出来ない。
「あなた、お名前は」
「……」
「ごめんさいね。私は冴島麗子。除霊士よ」
「!」
 その|娘(こ)は急に体が震え始めた。
 やばい、何かしでかす気だ。
 けれど喋れない。
 俺はもう一度意識を集中する。
「冴島さん、危ない!」
「えっ?」
 俺の声に、冴島さんは振り返ってしまった。
 松岡さんが押さえていた腕を振り切って、その|娘(こ)が冴島さんに突っ込んでくる。
「冴島さん、後ろ!」
 冴島さんはその|娘(こ)の方を振り向くが、もう遅かった。
 バチッと二人の体が重なり合ってしまった。
「大丈夫ですか!」
 慌てて駆け寄る。まさか、ナイフか何かを……
「麗子おね~さまぁ…… まさかお会いできるなんて……」
「?」
「ど、どういうことですか?」
 その|娘(こ)は顔を冴島さんの肩や胸にこすりつけるようにしている。
「さあ、私にも分からないけど」
「私、冴島さんのファンなんです」
 その言葉に、香山ユキファンである俺の魂が叫ばずにいられなかった。
「お前、冴島麗子ファンと言うのなら、もっと早く気づいてるだろうが!」
 全く意に介さず、という表情だ。