その時あなたは

趣味で書いている小説をアップする予定です。

カテゴリ:僕の頭痛、君のめまい > 一話



 小さな駅に、ホームの長さと同じぐらいの各停列車が止まり、中からどっと高校生が降りてきた。駅に停車する列車の本数は、取り立てて少ない訳ではなかったが、駅の近くにある学校へ始業時間ギリギリに間に合うという理由により、この列車は混雑していた。
 ここ堂本駅周辺の路地には綺麗にツツジが植えてあったが、今の時期となると、もう花も終わっていた。駅の北側には、森と呼べるほど広く、木々が生い茂る公園があり、南側に県立の東堂本高校があった。最寄りバス停から東堂本高校までの遠いことと、反対に堂本駅が極端に近いことから、多くの生徒が電車を使った。周辺には公園と高校しかないので、この駅の乗降客はほぼ東堂本高校の学生と教師となっていた。
 新野真琴は、東堂本学校に通う女子生徒の一人だった。電車から降りるなり、こう言った。
「始業に間にあう電車がこれしかないから、混むのはしかたないけど。皆よっかかってくるのは…どうなの」
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



 板書する音が教室に響き渡っていた。
 それをノートに書き写す音も同じように聞こえてくる。
 優秀な生徒が多いのか、騒がせないほど教員が厳しいのかは判らないが、どちらにせよ国語の授業は静かに進んでいた。
「すみません」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 真琴と薫が保健室に入った時には、品川は既に横になっていた。
 真琴はさっき品川がされていたような問診を受け、もう一つある方がのベッドの側へ入った。
 薫は教室に戻って報告するため、保健室の先生の判断を聞いてから、教室に帰って行った。
 真琴は、これから始まる戦いのの為に、品川のベッドを自分が横になるベッドに引き寄せようとした。しかし、キャスターにロックがついてるのか、ベッドは動かず、更にはギッ!と音がした。
「!」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 体がフワフワと軽くなったように宙に浮き、上昇しながらぶつかりそうになる電線をかわす。
 電柱より高く上り、その電線越しに学校を見下ろしていた。
 見たことのあるような、それでいて知らないような風景が入り交じって見える。
 これは『リアル』ではないのだ、と真琴は思った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

  
 放課後の教室には、真琴と幼馴染の薫の二人きりしかいなかった。
「ごめん」
 というと、真琴は机に突っ伏して寝てしまった。それを確認するや、薫はスマフォを取り出し、ためらいもなく真琴とのツーショットを撮り始めた。
「そうね、ちょっとここがヒラっとしていた方が感じが出るかしら」続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 薫と真琴は、普段なら駅まで歩いて電車を使って帰るのだが、薫がなにやら話があるから車で帰ろう、と言いだした。真琴も品川さんの事を話したかったので、薫の提案にしたがうことにした。
 薫は、何やら色々と家に電話して、ひとしきりその会話が終わって、スマフォをしまった。そして、
「ちょっと考えても、ある程度の時間品川さんと真琴が一緒にいなければならない、というのは普通のシチュエーションでは無理よね」
 と、腕を組んで考え込むように言った。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 小さな庭のある一軒家の前についた。車から降りると、家事使用人のフランシーヌが出迎えてくれた。薫の家だった。
 彼女は両親から言われ、都心のマンションから通学可能な小中高一貫教育の学校に通わさせられるところだったのだが、薫が幼稚園で一緒になった真琴が気に入り、真琴と同じ小学校、中学校、高校と都度都度我が儘をいった。それに折れて、高校に入る際に、一軒家を購入し養育係のメラニーと暮らすことになった。家にはメラニーと家事使用人が二人同居していた。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 居間のソファーは対面して座ることは出来なかったので、真琴と薫はソファに隣同士になって座っていた。
 薫は、メモ帳を持ってぐるぐると丸を書いてみたり、記号を書いてみたり、言ったことを書き留めてみたりしていた。
「明日、学校以外でなんとか出来る可能性は低いわね」 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 薫は、自分のももの上に寝転がる真琴の髪を撫でていた。真琴の寝息を少しでも聞き漏らさぬように、自分の息を極力殺していた。
 頬や、閉じたまぶたのまつ毛にもそっと触れてみたかったが、起きてしまうかもしれない、と思うと出来なかった。起きて、何か変な女だと思われてしまったら取り返しがつかない。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 フランシーヌが食器の片付けを始めると、真琴は食器をまとめて自分で運ぼうとしたが、やはりフランシーヌから止められた。
「すみません。ここでは私が片付ける事になっておりますので」
「そう、だったよね…」 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 昨晩はメラニーの運転する車で家に送ってもらって帰った。
 母は『特別なお客様』のヘアメイクで、帰ってきたのは真琴より遅かった。
 出欠がとられたが、品川さんは予想通り欠席していた。真琴も特に頭痛がでることもなく、坦々と授業がすすんでいった。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 真琴達が教室に入ってから、しばらくして品川がやってきた。
 真琴の電車がぎりぎりなので、次の電車で来たのでは授業が始まってしまう。品川が遅れて教室に入ってくるのは、朝練して部室で着替えてからくるだろう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 放課後、真琴と薫は一緒の帰り道、品川の事を話していた。
「あんなにはっきり掴んだのに、すぐには頭痛にならなかったね」
「何故なのか、とかそいうことをヒカリに聞いた?」
「ごめん、聞かなかった」
「…」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 薫と真琴の作戦により、品川と真琴は国語の授業を抜け出して保健室にいた。
 真琴の肉体は昼間の保健室で、品川の寝ているベッドにいたが、彼女の精神は暗く、光のない空間にいた。
『ヒカリ! ヒカリ! どうすれば』
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

  
 ヒカリの気配が消えた。真琴は、自分の頭痛が治まっていることに気がついた。
 勝った。
 近所の小学生とメディア交換したりしてヒーローものを見まくるような趣味がこんなところで発揮されるとは。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ